[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

キムワイプLINEスタンプを使ってみよう!

[スポンサーリンク]

はじめまして。この度新しくスタッフに加わりましたnochyです。初回はゆる〜い暇つぶし記事として、最近使っているお気に入りのLINEスタンプを紹介しようと思います。

実験室ではもはや必需品で、皆さんに愛されているキムワイプ。

ところで、キムワイプを製造する日本製紙クレシア株式会社から、キムワイプのLINEスタンプが発売されているのはご存知でしょうか。

2018年夏に登場したので、もしかしたら既に使っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、今回はまだ当該スタンプを知らない読者の方々のために、そしてキムワイプをこよなく愛する読者の皆さんのために、このLINEスタンプをご紹介したいと思います。

LINEアプリについて

読者の皆さんのほとんどは、家族や親戚、友達との通話やメッセージのやり取りでLINEアプリを使用されているのではないでしょうか。元々は、LINE株式会社会長(旧NHN JAPAN)でNHN創業者の李海珍(イ・ヘジン)が、家族や親戚と連絡を取ろうとする東日本大震災被災者の映像を見て発案・開発されたコミュニケーションツールです。

現在では、ニュースアプリやスマホ決済など、様々な連携アプリやサービスが展開されています。

一方、LINEのスタンプ機能は皆様ご存知の通り、テキストチャット内で用いられる機能の一つです。

(あくまで個人の主観ですが、)LINEスタンプ一つで気持ちを伝えることが出来るとともに、沢山のスタンプの中からダウンロードした自分の好みのスタンプによって個性を表現することも出来る、便利で面白いツールです。

キムワイプLINEスタンプの紹介

それでは本題に移りましょう。

まず、キムワイプLINEスタンプ第一弾「理系のための♪キムワイプ!研究室の仲間へ」の内容(一部)がこちら。

「キムワイプが起こすAction!」(日本製紙クレシア株式会社)のページより引用

「OK!」という皆さんがよく使うようなスタンプはもちろんのこと、「という可能性が示唆されます」といった理系あるあるフレーズ満載のスタンプです。

キムワイプで鼻を噛むというキムワイプあるあるネタもスタンプになっています。(※キムワイプで鼻を噛んではいけません)

キムワイプを製造・販売する日本製紙クレシアが制作したキムワイプオフィシャルスタンプです。理系女子・理系男子の共通語「キムワイプ」が初めてスタンプになりました!

発売直後には、スタンプショップでランキング8位になったとのこと。(ブログ記事より)

いや〜、キムワイプ、愛されてますね!

そして2019年にはキムワイプ50周年を記念し、第二弾「本当に使える!理系のための日常キムワイプ」のスタンプも発売されています。スタンプのデザインも50周年記念の仕様になっています。

こちらのスタンプは、第一弾に比べて日常使いに近い内容のものが多い印象です。

キムワイプを製造・販売する日本製紙クレシアが制作したオフィシャルスタンプです。理系女子・理系男子の共通語「キムワイプ」の第2弾スタンプです!普段使いができます!

なお、本記事で紹介したキムワイプLINEスタンプの売上金は、日本科学未来館へ寄附されているとのことです。

他にも沢山!科学系LINEスタンプの紹介

ケムステスタッフのレオさんが、過去の記事で科学系LINEスタンプをいくつか紹介してくださいました。現在ではどのような科学系(化学系)のクリエイターズスタンプが開発されているのでしょうか。

「科学」「化学」「サイエンス」などの関連キーワードで検索してみると、なんと200以上!(2021年4月現在)
数年前と比較しても、かなり増えたと思います。

今回全て紹介することはできないので、一部抜粋して紹介します。

一つ目は、Corgiさんのクリエイターズスタンプから紹介します。NMR、HPLC、抽出など、「有機化学者のための」スタンプや、分子生物学系のスタンプなど、様々なサイエンス関連のスタンプを製作されています。

今回はその中から、薄層クロマトグラフィー(TLC)に関するスタンプを紹介します。

有機化学者ならお馴染みのTLC。反応追跡やカラム精製の場面で用いることが多いと思います。芳香族系の化合物であれば、UVを当てた時の「結果発表〜!」感、何とも言えないですよね!

本スタンプは、TLCを見た時の有機化学者の気持ちを忠実に再現した内容となっております。
そして、名前からもお分かりのように、このLINEスタンプ、動きます。最近では、動くLINEスタンプに加え、自分で文字を入力出来るLINEスタンプも増えており、科学系(化学系)スタンプでもバラエティが増えているようです。

全合成 反応開発 医薬品開発 など理系の大学の研究室(ラボ)で有機化学の実験に携わったなら御存知TLC 修士の方も博士の方も科学者なら持っておくべき一品です

本記事でキムワイプのLINEスタンプを紹介しましたが、さらに調べてみると、他にも企業のクリエイターズスタンプがいくつか存在することがわかりました。その一つに、関東化学株式会社からLINEスタンプが販売されています。

その名も、「ベンちゃんスタンプ」。

イメージキャラクター「ベンちゃん」
2014年の創立70周年を機に、当社のイメージキャラクター「ベンちゃん」が誕生しました。
ベンちゃんは、当社のロゴマークでもあるベンゼン環からイメージしたものです。多くの皆さんに愛され、親しまれるキャラクターを目指しています。(関東化学株式会社HPより)

試薬からチラッと顔出しするベンちゃん、実験するベンちゃん、怒るベンちゃん…
様々なベンちゃんがスタンプになっています。

まとめ

今回紹介することは出来ませんでしたが、まだまだ沢山の科学系(化学系)LINEスタンプが販売されていますので、皆さんも是非調べてみてください。スタンプだけでなく、絵文字や着せ替えも沢山あるようです。
キムワイプのスタンプや、自分の好みのLINEスタンプを見つけて、日頃のコミュニケーションを盛り上げていきましょう!科学系(化学系)LINEスタンプを家族、親戚、友人とのチャットにも使って、サイエンスの面白さを伝えてみてはいかがでしょうか。
そして、沢山の方々がキムワイプを愛し続けてくれることを祈っています(笑)

本記事で紹介したLINEスタンプ&関連するLINEスタンプ

関連書籍

関連リンク

関連記事

  1. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大
  2. 第23回ケムステVシンポ『進化を続ける核酸化学』を開催します!
  3. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015
  4. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multi…
  5. 配位子で保護された金クラスターの結合階層性の解明
  6. 【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!
  7. Carl Boschの人生 その4
  8. 光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 13族元素含有ベンゼンの合成と性質の解明
  2. Z-選択的オレフィンメタセシス
  3. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  4. もっとも単純な触媒「プロリン」
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦
  6. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  7. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroacetic Acid Palladium(II) Salt
  8. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 浩一 教授
  9. “follow”は便利!
  10. ノーベル化学賞まとめ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第445回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

開催日:2022/12/07  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

吉田 優 Suguru Yoshida

 吉田 優(よしだ すぐる)は、日本の化学者。専門は、有機合成化学、ケミカルバイオロジー。2…

小山 靖人 Yasuhito Koyama

小山 靖人(こやま やすひと)は、日本の有機化学者。富山県立大学工学部医薬品工学…

ポンコツ博士の海外奮闘録XIV ~博士,釣りをする~

シリーズ累計20話!!タイトルの○数字がなくなりました。節々の回は出来る限り実験ネタや個人的なグッと…

定型抗精神病薬 「ピモジド」の化学修飾により新規難治性疼痛治療薬として極めて有望な化合物の創製に成功

第444回のスポットライトリサーチは、近畿大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 病態薬理学研究室の笠波 …

【好評につきリピート開催】マイクロ波プロセスのスケールアップ〜動画で実証設備を紹介!〜 ケミカルリサイクル、乾燥炉、ペプチド固相合成、エステル交換、凍結乾燥など

<内容>マイクロ波プロセスのスケールアップがどのように実現されるか、実証設備の動画も交えてご紹介…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP