[スポンサーリンク]


英語

  1. 学術論文を書くときは句動詞に注意

    動詞の後に副詞や前置詞などが付く 句動詞 を使いこなすのは難しいものです。英語などの会話では、2-3語から成る句動詞(phrasal verb)がよく使われますが、もとの動詞と違う意味になることも多い上、より広い意味で解釈されることもあるの…

  2. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(7年目)(留学後編)

    英語が苦手な研究者(30代)が、英語をマスターできるかやってみる企画物の7年目です。さて英語はマスタ…

  3. 新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

    研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

  4. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)

    日本人が英文を書く際、独特の間違いをすることが知られています。本記事では、2回に分けて、専門…

  5. どっちをつかう?:adequateとappropriate

    日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

  6. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate

  7. どっちをつかう?:in spite ofとdespite

  8. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方

  9. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)

  10. alreadyの使い方

  11. comparing with (to)の使い方

  12. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)

  13. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉

  14. 論文をグレードアップさせるーMayer Scientific Editing

  15. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)

  16. 英語発表に”慣れる”工夫を―『ハイブリッド型報告会』のススメ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 核酸医薬の物語2「アンチセンス核酸とRNA干渉薬」
  2. 安積徹 Tohru Azumi
  3. 究極の黒を炭素材料で作る
  4. 固体なのに動くシャトリング分子
  5. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験
  6. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング
  7. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP