[スポンサーリンク]

ケムステニュース

武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も

アクトス?武田薬品工業<4502.T>の糖尿病治療薬「アクトス」に血糖値を下げるだけでなく心臓発作を予防する効果があるという研究結果が明らかになった。(引用:朝日新聞

?

 

 以前抗炎症作用があると報告された糖尿病治療薬アクトス(塩酸ピオグリタゾン)にさらに効果追加です。アクトスの2004年度の全世界売上高は1932億円。現在国内では年間150億円程度ですが、これを機に売り上げ500億円を目指すそうです。

?


?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑…
  2. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  3. ポリエチレンなど合成樹脂、値上げ浸透
  4. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に
  5. 武田薬品、高血圧治療剤が米で心不全の効能追加
  6. 池袋PARCOで「におい展」開催
  7. 新世代鎮痛剤の販売継続を 米政府諮問委が勧告
  8. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アメリカの大学院で学ぶ「提案力」
  2. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験
  3. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成
  4. 生命が居住できる星の条件
  5. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発
  6. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用
  7. 有機合成化学協会誌2017年8月号:C-H活性化・アリール化重合・オキシインドール・遠隔不斉誘導・ビアリールカップリング
  8. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される
  9. CAS番号の登録が1億個突破!
  10. 最新有機合成法: 設計と戦略

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本化学会と日本化学工業協会に新会長就任

日本化学会は5月23日に川合眞紀氏(自然科学研究機構分子科学研究所)が新会長に就任したことを発表した…

塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP