[スポンサーリンク]


  1. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカップリング反応を実現

    第202回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科(中村研究室)博士課程・道場 貴大さんにお願いしました。中村研究室では有機合成化学を基盤としながら、計算化学・炭素材料開発・電子顕微鏡観測など、目もくらむほど多岐にわた…

  2. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

    2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

  3. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

    保護プロリン5位を選択的に酸化し、5-ヒドロキシプロリンを中~高収率で合成する方法がイリノイ大学・W…

  4. 赤絵磁器を彩る絵具:その特性解明と改良

    第41回のスポットライトリサーチは、工学院大学 先進工学部 の橋本英樹 助教にお願いしました。…

  5. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇

    第31回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院(細野・神谷・平松研究室)博士課程1年…

  6. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成

  7. 官営八幡製鐵所関連施設

  8. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録

  9. 萩反射炉

  10. 韮山反射炉

  11. ムギネ酸は土から根に鉄分を運ぶ渡し舟

  12. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)

  13. 鉄触媒での鈴木-宮浦クロスカップリングが実現!

  14. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応

  15. 磁性流体アートの世界

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ラスカー賞に遠藤章・東京農工大特別栄誉教授
  2. 巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる
  3. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  4. あなたの体の中の”毒ガス”
  5. 就活・転職・面接・仕事まとめ
  6. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成
  7. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!②

注目情報

最新記事

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

日本で始まる最先端半導体の開発 ~多くの素材メーカーが参画~

半導体の受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が茨城県つくば市に研究開発拠点を新設し、最…

「リチウムイオン電池用3D炭素電極の開発」–Caltech・Greer研より

久々のケムステ海外研究記です。第40回はカリフォルニア工科大学(Caltech)材料科学科のPhD課…

PAGE TOP