[スポンサーリンク]


  1. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

    2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメタルカルベン種を活用し、アリル位・ベンジル位の分子内C-Hアルキル化反応を達成した。“Catalytic C(sp3)-H Alkyla…

  2. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

    保護プロリン5位を選択的に酸化し、5-ヒドロキシプロリンを中~高収率で合成する方法がイリノイ大学・W…

  3. 赤絵磁器を彩る絵具:その特性解明と改良

    第41回のスポットライトリサーチは、工学院大学 先進工学部 の橋本英樹 助教にお願いしました。…

  4. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇

    第31回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院(細野・神谷・平松研究室)博士課程1年…

  5. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成

    第26回のスポットライトリサーチは、九州大学 先導物質化学研究所(永島研究室)・野田 大輔 学術研究…

  6. 官営八幡製鐵所関連施設

  7. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録

  8. 萩反射炉

  9. 韮山反射炉

  10. ムギネ酸は土から根に鉄分を運ぶ渡し舟

  11. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)

  12. 鉄触媒での鈴木-宮浦クロスカップリングが実現!

  13. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応

  14. 磁性流体アートの世界

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  2. edXで京都大学の無料講義配信が始まる!
  3. 2008年イグノーベル賞決定!
  4. 高分子界の準結晶
  5. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  6. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  7. ビシナルジハライドテルペノイドの高効率全合成

注目情報

最新記事

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

PAGE TOP