[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

主催:日本プロセス化学会

共催:日本薬学会、日本化学会 等

日時:2005年7月15~16日

場所:タワーホール船堀

内容:吉田 潤一(京大院・工) 「マイクロリアクターを用いた選択的化学合成」等

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 支局長からの手紙:科学と感受性 /京都
  2. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  3. 武田薬品、14期連続で営業最高益に
  4. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長…
  5. 化学 2005年7月号
  6. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  7. 製薬各社の被災状況②
  8. CTCLS、製薬業界向けに医薬品の探索研究に特化した電子実験ノー…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終了】
  2. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド
  3. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛
  4. 富山化学 新規メカニズムの抗インフルエンザ薬を承認申請
  5. 固体なのに動くシャトリング分子
  6. ターボグリニャール試薬
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨
  8. スルホニルフルオリド
  9. Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ
  10. ハイフン(-)の使い方

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP