[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

[スポンサーリンク]

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

主催:日本プロセス化学会

共催:日本薬学会、日本化学会 等

日時:2005年7月15~16日

場所:タワーホール船堀

内容:吉田 潤一(京大院・工) 「マイクロリアクターを用いた選択的化学合成」等

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施
  2. 危険!DDT入りの蚊取り線香
  3. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  4. 富士フイルムが医薬事業に本格参入
  5. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  6. 理研も一般公開するよ!!
  7. 論文のチラ見ができる!DeepDyve新サービス開始
  8. 韮崎大村美術館が27日オープン 女性作家中心に90点展示

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  2. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その2
  3. ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2019年版】
  4. 徹底比較 特許と論文の違い ~その他編~
  5. Nsアミン誘導体
  6. トップリス ツリー Topliss Tree
  7. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応
  8. 有機合成化学協会誌2018年2月号:全アリール置換芳香族化合物・ペルフルオロアルキル化・ビアリール型人工アミノ酸・キラルグアニジン触媒・[1,2]-ホスファ-ブルック転位
  9. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - Joe Sweeney教授
  10. 有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP