[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

主催:日本プロセス化学会

共催:日本薬学会、日本化学会 等

日時:2005年7月15~16日

場所:タワーホール船堀

内容:吉田 潤一(京大院・工) 「マイクロリアクターを用いた選択的化学合成」等

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  2. 光で分子の結合状態を変えることに成功
  3. 製薬会社5年後の行方
  4. 「マイクロリアクター」装置化に成功
  5. 肥満防止の「ワクチン」を開発 米研究チーム
  6. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功
  7. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  8. 製薬業界の研究開発費、増加へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  2. こんなサービスが欲しかった! 「Chemistry Reference Resolver」
  3. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson
  4. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)
  5. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応
  6. 浦野 泰照 Yasuteru Urano
  7. 2009年7月人気化学書籍ランキング
  8. 海洋天然物パラウアミンの全合成
  9. コランニュレン corannulene
  10. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

PAGE TOP