[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

主催:日本プロセス化学会

共催:日本薬学会、日本化学会 等

日時:2005年7月15~16日

場所:タワーホール船堀

内容:吉田 潤一(京大院・工) 「マイクロリアクターを用いた選択的化学合成」等

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ
  2. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  3. ハーバード大Whitesides教授がWelch Awardを受…
  4. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見
  5. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復…
  6. 科学:太古の海底に眠る特効薬
  7. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ
  8. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クリスマス化学史 元素記号Hの発見
  2. サントリー:重曹を使った新しい飲料「水分補給炭酸」発売
  3. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた
  4. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧
  6. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement
  7. 村橋 俊一 Shunichi Murahashi
  8. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)
  9. 消せるボールペンのひみつ ~30年の苦闘~
  10. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP