[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

[スポンサーリンク]

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

主催:日本プロセス化学会

共催:日本薬学会、日本化学会 等

日時:2005年7月15~16日

場所:タワーホール船堀

内容:吉田 潤一(京大院・工) 「マイクロリアクターを用いた選択的化学合成」等

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表
  2. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  3. ヤンセン 新たな抗HIV薬の製造販売承認を取得
  4. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ
  5. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ
  6. 「さびない鉄」産業界熱視線
  7. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  8. 高脂血症治療薬の開発に着手 三和化学研究所

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い
  2. スワーン酸化 Swern Oxidation
  3. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨
  5. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム
  6. 分子形状初期化法「T・レックス」の実現~いつでもどこでも誰でも狙った場所だけ狙ったタイミングで~
  7. シュレンクフラスコ(Schlenk flask)
  8. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
  9. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する
  10. グサリときた言葉

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料

第204回のスポットライトリサーチは、北海道大学電子科学研究所 助教・相良 剛光 先生にお願いしまし…

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP