[スポンサーリンク]

ケムステニュース

祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録

ドイツのボンで開かれている国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は5日午後(日本時間5日夜)、「明治日本の産業革命遺産」(福岡など8県、23資産)の世界文化遺産への登録を、韓国も含む21委員国の全会一致で決定した。

8日に正式登録される。

「産業革命遺産」の審議は当初4日に予定されていたが、審議での発言内容などを巡り日韓の対立が続いたため、1日遅れで行われた。日韓は5日の審議直前に合意に達した。

(中略)

「産業革命遺産」は、薩摩、長州両藩などが幕末に手がけた反射炉をはじめ、明治後期の官営八幡製鉄所や三池炭鉱、三菱長崎造船所まで、西洋の技術を日本の伝統と融合させた日本の重工業発展の歴史をたどる。三菱長崎造船所の大型クレーンなど、これまでの日本の世界遺産にはない稼働中の資産もある。「軍艦島」として有名な端島炭坑も含まれる。

国内の世界文化遺産は15件目、自然遺産を含む世界遺産としては19件目となる。

国内では2013年に「富士山」(山梨、静岡県)、14年には「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)が世界文化遺産への登録が決定しており、3年連続の登録決定となる。

YOMIURI ONLINE 2015.7.6

 

 

一時はどうなることかとひやひやしましたが、無事に世界文化遺産に決定したようでなによりです。

今回は産業革命遺産ということで、明治期の我が国の産業を支えてきた様々な施設や遺跡が広範囲にわたって登録されることになります。構成資産としては、

  • 山口県萩市:萩反射炉, 恵美須ヶ鼻造船所跡, 大板山たたら製鉄遺跡, 萩城下町, 松下村塾
  • 鹿児島県鹿児島市:旧集成館, 寺山炭窯跡, 関吉の疎水溝
  • 静岡県伊豆の国市:韮山反射炉
  • 岩手県釜石市:橋野鉄鉱山・高炉跡
  • 佐賀県佐賀市:三重津海軍所跡
  • 長崎県長崎市:小菅修船場跡, 三菱長崎造船所第三船渠, 同ジャイアント・カンチレバークレーン, 同旧木型場, 同占勝閣, 端島炭坑, 高島炭坑, 旧グラバー住宅
  • 福岡県大牟田市, 熊本県荒尾市, 宇城市:三池炭坑・三池港, 三角西(旧)港
  • 福岡県北九州市, 中間市:官営八幡製鉄所, 遠賀川水源地ポンプ室

と盛りだくさんです。こうやって一緒にすることによって世界遺産としての価値を高めたのかもしれませんね。この中でも太字にしたものが化学に関係するようなところだと思います。萩反射炉韮山反射炉は鉄の精錬を行うための設備で、大板山たたら製鉄橋野鉄鉱山・高炉跡官営八幡製鉄所も鉄を製造するための施設であり、いずれも””という産業革命においてもっとも重要な役割を演じた”元素”が関係しており、感慨深いものがあります。

 

世界遺産への登録を機に、訪問者も増えることでしょう。訪問の際はぜひ化学地球儀を参考にして下さいませ。

 

大板山たたら製鉄遺跡

マップ上部の白い四角の部分をクリックすると大きな化学地球儀が表示されます。その他の施設のマップもあります!

 

関連リンク

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Orga…
  2. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?
  3. 【第一三共】抗血小板薬「プラスグレル」が初承認‐欧州で販売へ
  4. サイアメントの作ったドラマ「彼岸島」オープニングがすごい!
  5. キレーション療法ってなに?
  6. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直され…
  7. MUKAIYAMA AWARD講演会
  8. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ゲラニオール
  2. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  3. Micro Flow Reactor ~革新反応器の世界~ (入門編)
  4. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムクロリド:1,3-Bis(2,4,6-trimethylphenyl)imidazolinium Chloride
  5. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  6. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis
  7. 大阪大入試:昨年の化学も「設定に誤り」と外部から指摘
  8. 新薬と併用、高い効果
  9. 中学入試における化学を調べてみた 2013
  10. HOW TO 分子シミュレーション―分子動力学法、モンテカルロ法、ブラウン動力学法、散逸粒子動力学法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP