[スポンサーリンク]

ケムステニュース

祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録

ドイツのボンで開かれている国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は5日午後(日本時間5日夜)、「明治日本の産業革命遺産」(福岡など8県、23資産)の世界文化遺産への登録を、韓国も含む21委員国の全会一致で決定した。

8日に正式登録される。

「産業革命遺産」の審議は当初4日に予定されていたが、審議での発言内容などを巡り日韓の対立が続いたため、1日遅れで行われた。日韓は5日の審議直前に合意に達した。

(中略)

「産業革命遺産」は、薩摩、長州両藩などが幕末に手がけた反射炉をはじめ、明治後期の官営八幡製鉄所や三池炭鉱、三菱長崎造船所まで、西洋の技術を日本の伝統と融合させた日本の重工業発展の歴史をたどる。三菱長崎造船所の大型クレーンなど、これまでの日本の世界遺産にはない稼働中の資産もある。「軍艦島」として有名な端島炭坑も含まれる。

国内の世界文化遺産は15件目、自然遺産を含む世界遺産としては19件目となる。

国内では2013年に「富士山」(山梨、静岡県)、14年には「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)が世界文化遺産への登録が決定しており、3年連続の登録決定となる。

YOMIURI ONLINE 2015.7.6

 

 

一時はどうなることかとひやひやしましたが、無事に世界文化遺産に決定したようでなによりです。

今回は産業革命遺産ということで、明治期の我が国の産業を支えてきた様々な施設や遺跡が広範囲にわたって登録されることになります。構成資産としては、

  • 山口県萩市:萩反射炉, 恵美須ヶ鼻造船所跡, 大板山たたら製鉄遺跡, 萩城下町, 松下村塾
  • 鹿児島県鹿児島市:旧集成館, 寺山炭窯跡, 関吉の疎水溝
  • 静岡県伊豆の国市:韮山反射炉
  • 岩手県釜石市:橋野鉄鉱山・高炉跡
  • 佐賀県佐賀市:三重津海軍所跡
  • 長崎県長崎市:小菅修船場跡, 三菱長崎造船所第三船渠, 同ジャイアント・カンチレバークレーン, 同旧木型場, 同占勝閣, 端島炭坑, 高島炭坑, 旧グラバー住宅
  • 福岡県大牟田市, 熊本県荒尾市, 宇城市:三池炭坑・三池港, 三角西(旧)港
  • 福岡県北九州市, 中間市:官営八幡製鉄所, 遠賀川水源地ポンプ室

と盛りだくさんです。こうやって一緒にすることによって世界遺産としての価値を高めたのかもしれませんね。この中でも太字にしたものが化学に関係するようなところだと思います。萩反射炉韮山反射炉は鉄の精錬を行うための設備で、大板山たたら製鉄橋野鉄鉱山・高炉跡官営八幡製鉄所も鉄を製造するための施設であり、いずれも””という産業革命においてもっとも重要な役割を演じた”元素”が関係しており、感慨深いものがあります。

 

世界遺産への登録を機に、訪問者も増えることでしょう。訪問の際はぜひ化学地球儀を参考にして下さいませ。

 

大板山たたら製鉄遺跡

マップ上部の白い四角の部分をクリックすると大きな化学地球儀が表示されます。その他の施設のマップもあります!

 

関連リンク

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。
ペリプラノン

最新記事 by ペリプラノン (全て見る)

関連記事

  1. コケに注目!:薬や香料や食品としても
  2. ハワイ州で日焼け止め成分に規制
  3. 「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入
  4. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  5. 旭化成 繊維事業がようやく底入れ
  6. ラスカー賞に遠藤章・東京農工大特別栄誉教授
  7. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  8. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「重曹でお掃除」の化学(その1)
  2. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~
  3. 2011年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  4. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  5. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100
  6. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)
  7. 2010年ノーベル化学賞予想―海外版
  8. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ
  9. さあ分子模型を取り出して
  10. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP