[スポンサーリンク]


ChemDraw

  1. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

    前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い方解説(兼宣伝)をしていきます。今回のテーマは「検索機能を使いこなす」です!Signals Notebook…

  2. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ①

    どんどんバーチャル化、電子化が進む中、まだ紙のノートを使っている研究室も多いのではないでしょうか?…

  3. 複雑な試薬のChemDrawテンプレートを作ってみた

    皆さんのラボでは、試薬の分子量はどう計算してますか?・・・CAS番号でネット検索するか、ChemDr…

  4. ChemDrawの使い方【作図編⑤ : 反応機構 (後編)】

    前回、ChemDraw 上で反応機構を書く際の巻矢印を自由自在に書くツールとして、ベジエ曲線なるもの…

  5. ChemDraw の使い方【作図編④: 反応機構 (前編)】

    ChemDraw の使い方シリーズでは、これまでに基本機能の解説に続いて、作図編として、反応スキーム…

  6. 構造式を楽に描くコツ!? テクニック紹介

  7. ChemDrawの使い方【作図編③:表】

  8. 美しい化学構造式を書きたい方に

  9. ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】

  10. ChemDrawの使い方【作図編①:反応スキーム】

  11. ChemDrawの使い方 【基本機能編】

  12. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?

  13. 構造式を美しく書くために【準備編】

  14. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!

  15. MacでChem3Dー新たなる希望ー

  16. 美麗な分子モデルを描きたい!!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 危険物取扱者:記事まとめ
  2. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設
  3. 自在に分解できるプラスチック:ポリフタルアルデヒド
  4. Nazarov環化を利用した全合成研究
  5. 美術品保存と高分子
  6. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング
  7. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction

注目情報

最新記事

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

PAGE TOP