[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

複雑な試薬のChemDrawテンプレートを作ってみた

[スポンサーリンク]

皆さんのラボでは、試薬の分子量はどう計算してますか?・・・CAS番号でネット検索するか、ChemDrawで構造式を描いて出しますよね?

触媒開発研究なんかをやってますと、似てはいるものの、ちょっとだけ違う金属錯体や光触媒を描く機会に頻繁に直面します。そういうのに限って構造がやたら込み入ってたりもするので、毎回構造書くのダルい・・・と思ってました。描くたび間違いも起きたりします。

そこで一念発起して、よく使いそうな合成系試薬類をChemDrawの構造テンプレートにまとめてみました。

使い方

今回自作したのは下記のとおり。

  • Boronic Acids:ボロン酸エステル類の基本骨格各種。
  • Buchwald Ligands:クロスカップリングの時に「この構造、何フォスだったっけ?」とこんがらがることが多かったので。
  • Chiral Ligand (N):よく使われる窒素不斉配位子。
  • Chiral Ligand (P):よく使われるリン不斉配位子。
  • Metal Catalysts:合成的に有用な金属触媒。触媒サイクルテンプレート付。
  • Organocatalysts:合成的に有用な有機触媒。
  • Photoredox Catalysts:よく使われる可視光レドックス触媒。

必要な方は、ZIPファイルとしてまとめてあるので、下記リンクからダウンロード下さい。

Templates.zip

設定法は下記の通りです。

まず取得したテンプレートファイル(*.ctp)をChemDrawで開きます。その後、メニューからFile→Save As…を選びます。[Go To ChemDraw Items]ボタンを押してChemDraw Itemsフォルダに移動し、好きな名前のctp形式にて保存します。

すると、テンプレートアイコンで選べるテンプレートが追加されます。

構造式テンプレートの作り方

自作法も案外知られてなさそうなので、載せておきます。

  1. メニューからFile→Open Templates経由、またはテンプレートアイコンからNew Templatesを選びます。すると、テンプレート作成画面に移動します。
  2. 好きな構造を描いておきます。線の長さなどは気にしなくていいですが、フォントタイプは反映されるので、普段使いのフォーマットに併せておきましょう。
  3. 複数成分や示性式だけの場合は、地のテキストと区別されないことがあります。化学成分の場合は”Formula”アイコンで指定しておきましょう。
  4. 上と同様にSave As…で適当な名前をつけて「ChemDraw Items」フォルダに保存します。

テンプレートに含められるコンテンツは、実は構造式に限りません。好きな画像を自分で書き添えておくこともできますし、写真を貼り込むことも可能です(※著作権にはご注意!)。どうぞ便利に使ってみてください!

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 高分解能顕微鏡の進展:化学結合・電子軌道の観測から、元素種の特定…
  2. シグマ アルドリッチ構造式カタログの機能がアップグレードしたらし…
  3. 研究者・技術系ベンチャー向けアクセラレーションプログラムR…
  4. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-…
  5. タクミナ「スムーズフローポンプQ」の無料モニターキャンペーン
  6. ビール好きならこの論文を読もう!
  7. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」
  8. Ph.D. Comics – Piled Highe…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  2. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane
  3. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  4. (+)-ゴニオトキシンの全合成
  5. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethylsulfonium Bromide
  6. 野崎 一 Hitoshi Nozaki
  7. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現
  8. アニオン重合 Anionic Polymerization
  9. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  10. 化学のちからで抗体医薬を武装する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP