[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

ChemDrawの使い方【作図編③:表】

これまでに基本機能作例①:反応スキーム作例②:触媒サイクルの書き方を紹介してきました。

今回は『表(Table)』をChemDrawで綺麗に書く方法を紹介します。

 

よくある失敗:改行コードを入れてしまう

科学には対照実験がつきもの。明確に記すには、表組みで見せることが必要です。

しかしながら、最初から綺麗な表が書ける人は多くありません。特に経験の浅い学部生・修士院生などは、どうやっても綺麗に書けないやり方で組んでしまっています。よく見かけるのが下図のパターン上のような作例です。勿論情報量はちゃんとあるのですが、なんだか落ち着かないですよね。

ChemDraw_HowTo_30

初心者が一番やりがちなマチガイは、各テキストボックスに「改行」を入れ込んだうえで作ってしまうというものです。例をもとに説明してみましょう。

ChemDraw_HowTo_32

各テキストボックスには改行コードを入れ込むことが出来ます。これで複数行を並べてしまえば、なんとなくちゃんとした表になってくれそうです(左)。

普通のテキストであれば問題ないのですが、ChemDrawの場合は事情が特殊です。上付き・下付き文字修飾を施してしまうと行間が狂ってしまうのです(右)。化学式を並べることが多いため、本当に良く起こります。これはソフトの仕様なので、今のところどうしようもありません。

そもそも改行コードでの行送りは、行間をコントロールすることも非常に難しいです。適当にゆとりを持たせて見栄えの良い表組みにすることが、そもそも難しいやり方といえます。

解決法と作例

以上を踏まえた上での解決法ですが、至極シンプルです。要は全ての項目を別々のテキストボックスで書き、あとで整列させれば良いだけです。

ここで大活躍するのが『Ctrl+Shift+ドラッグ』。垂直・水平位置を保ったままコピペ先を選べる機能です。非常に便利なので覚えておきましょう。
では具体的な作り方です。

①まずは罫線を適当にコピペで作ります。

横幅・間隔などはあとから変えることが出来ますので、とりあえず適当で構いません。

ChemDraw_HowTo_34
②つづいて1行目を書き入れます。

既に述べたとおり、各項目を別々のテキストボックスに分割して書くのがポイントです。1つにまとめてスペースなどで間隔を作ろうとするのはNG。後々困ることになります。各ボックスの整列は、右クリックメニューの『Align』から行ってください。

ChemDraw_HowTo_35

③1行目のテキストボックス達を必要数コピペします。

『Shiftキー+クリック』でまとめて選択し、そのあと『Ctrl+Shift+ドラッグ』です。なるべく等間隔に見えるようコピペしてみてください。

ChemDraw_HowTo_36

④各テキストボックスの内容を必要に応じて書き換えます。

上付き/下付き処理も適宜施します。テキストボックスが分離されているので、他の項目に影響を与えることはありません。

ChemDraw_HowTo_37

⑤各要素をAlign機能で配列させます。

左/中央/右揃えそれぞれありますが、見やすいものを適切に選んでください。複数選択は同様に『Shift + クリック』で。

ChemDraw_HowTo_38

⑥位置の微調整と飾り付けを行います。

これは多分に好みですが、やっておくと明らかに良いこともあります。
たとえばentry欄の2aという文字は、主役の数字がでこぼこして見えないように少し右に寄せています。comment欄はそのままだと罫線から右にはみ出してしまうので、中に詰めました。バランスを取るためyield欄も動かしました。

ChemDraw_HowTo_39

この辺りのデザインセンスは個々人に大きく依存するようですが、整ったものを作るだけなら経験を積めばなんとかなる部分も沢山あり、存外難しくありません。諦めてしまう必要は無く、ポイントをもれなく押さえるだけで大丈夫です。

慣れないうちはデザインセンスのある先生や先輩達に見てもらい、フィードバックを貰うのが一番よいと思います。

⑦これで見事完成!です。

ChemDraw_HowTo_31

研究は見た目じゃない!中身こそが重要だ!・・・そういった意見もごもっともなのですが、昨今においてその大半は『見やすい作図が自分で出来ないことの言い訳』にしか聞こえないように感じます。

綺麗な図表・汚い図表それぞれでプレゼンされたとして、研究が同程度に素晴らしかったとしましょう。人はどっちを評価するでしょうか?これは火を見るよりも明らかで、人間心理として仕方ないともいえるでしょう。先端領域では誰もがギリギリの差で勝負をしているので、そんな”ちょっとしたところ”でものごとの成否が決まることも珍しくないように思えます。

無理して凝ったものを作る必要はありませんが、努力で身につけられる『見やすい図表の作り方の基本』ぐらいは早めに押さえておきたいところですね。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 合成化学者十訓
  2. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応
  3. PACIFICHEM2010に参加してきました!③
  4. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参…
  5. お”カネ”持ちな会社たち-1
  6. “Wakati Project” 低コス…
  7. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part2】
  8. ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. NeoCube 「ネオキューブ」
  2. 創薬化学―有機合成からのアプローチ
  3. 核酸医薬の物語1「化学と生物学が交差するとき」
  4. 光分解性シアニン色素をADCのリンカーに組み込む
  5. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  6. ミノキシジル /Minoxidil
  7. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka
  8. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol Reaction
  9. ポヴァロフ反応 Povarov Reaction
  10. エルゼビアからケムステ読者に特別特典!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP