投稿者の記事一覧

  1. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

    岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教授。(写真:Tokyo Tech News)経歴1984 東京大学 博士号取得(向山光昭 教授)1984-1991 東京大学 助…

  2. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

    ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

  3. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

    2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

  4. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む

    第96回目のスポットライトリサーチは、道上健一さんにお願いしました。道上さんは北海道大学大学…

  5. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

    チャンパック・チャッタージー (Champak Chatterjee、19xx年x月x日-)は、米国…

  6. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応

  7. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  8. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König

  9. 黎书华 Shuhua Li

  10. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

  11. Z-スキームモデル Z-Scheme Model

  12. マット・シグマン Matthew S. Sigman

  13. クロム光レドックス触媒を有機合成へ応用する

  14. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

  15. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

  16. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』
  2. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止
  3. 合成生物学を疾病治療に応用する
  4. 動画:知られざる元素の驚きの性質
  5. 研究倫理問題について学んでおこう
  6. 光触媒の活性化機構の解明研究
  7. オープンアクセスジャーナルの光と影

注目情報

最新記事

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

PAGE TOP