投稿者の記事一覧

  1. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

     プリンストン大学・Eric Sorensenらは、光駆動型水素原子移動(HAT)触媒-卑金属触媒ハイブリッド系への紫外光(UV)照射によって、不活性アルカンを原料とする水素放出反応を世界で初めて実現した。"Acceptorless d…

  2. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

    ミュンスター大・Gloriusらは、可視光レドックス触媒を用いる位置選択的なC(sp3)-Hチオトリ…

  3. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

    ロバート・R・ノールズ(Robert R. Knowles, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-…

  4. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

     不活性メチレンC(sp3)-H結合を位置選択的に活性化し、炭素-炭素結合を高収率・高エナンチオ選択…

  5. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

    エリック・J・ソレンセン(Eric J. Sorensen, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-…

  6. フランク・グローリアス Frank Glorius

  7. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

  8. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  9. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会

  10. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  11. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授

  12. 研究者版マイナンバー「ORCID」を取得しよう!

  13. ベン・デイヴィス Ben G. Davis

  14. 音声入力でケムステ記事を書いてみた

  15. 化学合成で「クモの糸」を作り出す

  16. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授
  2. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』
  3. エステルをアルデヒドに変換する新手法
  4. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis
  5. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  6. みんなーフィラデルフィアに行きたいかー!
  7. 人工DNAを複製可能な生物ができた!

注目情報

最新記事

合同資源上瀑工場

千葉県大多喜町にある相生工業(株)(現(株)合同資源)のヨウ素製造拠点で、反応設備兼沈降設備であるド…

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

PAGE TOP