[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 2019年ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」に!

    スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化成の吉野彰・名誉フェロー(71)ら3人に授与すると発表した。リチウムイオン電池は軽量かつ高出力で、充電して繰り返し使える。スマートフォンやノ…

  2. マテリアルズインフォマティクスでリチウムイオン電池の有機電極材料を探索する

    第223回のスポットライトリサーチは、沼澤 博道さんにお願い致しました(トップ画像は論文から出典)。…

  3. 三次元アクアナノシートの創製! 〜ジャイロイド構造が生み出す高速プロトン輸送〜

    第221回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院・小林 翼さんにお願いしました。…

  4. 高選択的な不斉触媒系を機械学習で予測する

    2019年、イリノイ大学・Scott E. Denmarkらは、原料および触媒構造データを機械学習さ…

  5. 投票!2019年ノーベル化学賞は誰の手に!?

    今年毎年恒例、ノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間 10月9日(水) 18…

  6. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】

  7. ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

  8. アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

  9. 規則的に固定したモノマーをつないで高分子を合成する

  10. 生体内での細胞選択的治療を可能とする糖鎖付加人工金属酵素

  11. 温和な室温条件で高反応性活性種・オルトキノジメタンを生成

  12. 世界5大化学会がChemRxivのサポーターに

  13. ペプチドの革新的合成

  14. 安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

  15. 天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

  16. アスピリンから生まれた循環型ビニルポリマー

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Callipeltosideの全合成と構造訂正
  2. 粘土に挟まれた有機化合物は…?
  3. アントシアニン / anthocyanin
  4. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー
  5. 有機反応を俯瞰する ー付加脱離
  6. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~
  7. ベンジャミン・フランクリンメダル―受賞化学者一覧

注目情報

最新記事

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

PAGE TOP