[スポンサーリンク]

一般的な話題

組曲『ノーベル化学賞』

2008年も秋に突入し、いよいよノーベル化学賞の季節がやって参りました!

今年のノーベル化学賞は、日本時間2008年10月8日19時45分に発表予定だそうです。待ち遠しいですね!

さて、その準備として、過去の受賞についてざっとおさらいしておきませんか?

組曲『ノーベル化学賞』と題される以下の動画は、ニコニコ動画の住民によってつくられたものです。 10分でこれまでの化学賞の歴史をざっと眺めることができます。ぜひご覧あれ。

ちなみに、ノーベル医学生理学賞ノーベル物理学賞版もあるので、興味のあるかたはこちらもご覧あれ。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. テストには書けない? カルボキシル化反応の話
  2. 就職か進学かの分かれ道
  3. 史上最強の塩基が合成される
  4. J-STAGE新デザイン評価版公開 ― フィードバックを送ろう
  5. 知られざる有機合成のレアテク集
  6. 論説フォーラム「グローバル社会をリードする化学者になろう!!」
  7. 不斉Corey-Chaykovskyエポキシド合成を鍵としたキニ…
  8. CYP総合データベース: SuperCYP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ねじれがあるアミド
  2. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von Miller quinoline synthesis
  3. 全合成 total synthesis
  4. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis 5th Edition
  5. アルミに関する一騒動 ~約20年前の出来事~
  6. 学部生にオススメ:「CSJ カレントレビュー」で最新研究をチェック!
  7. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation
  8. エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始
  9. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  10. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP