[スポンサーリンク]

ケムステニュース

NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発

 世界に先駆けて非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法(スプレー・ジェット法)を開発独立行政法人情報通信研究機構(以下、NICT。理事長: 長尾 真)は、非揮発性分子をその溶液から、高真空中に分子ビームとして取り出す画期的な手法(スプレー・ジェット法)を開発しました。本手法は非揮発性分子の高真空中での分光、分子堆積、表面分析等様々な応用が産業界から期待され、非揮発性分子の評価や非揮発性の機能性分子を用いた分子素子作製における基盤技術の一つになる可能性を持っています。(引用: 日本経済新聞)

 

半導体などの小型化が進んでいます。さらにナノレベル、分子レベルで扱える道具が必要です。つまり分子レベルで扱える道具は分子になります。

 

関連書籍

外部リンク

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 三井物と保土谷 多層カーボンナノチューブを量産
  2. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  3. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦
  4. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  5. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請
  6. 新薬と併用、高い効果
  7. 武田薬品、週1回投与の骨粗鬆症治療薬「ベネット錠17.5mg」を…
  8. 青色LED和解:中村教授「日本の司法制度は腐ってる」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 再生医療ーChemical Times特集より
  2. マンガでわかる かずのすけ式美肌化学のルール
  3. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri
  4. ティム・スワガー Timothy M. Swager
  5. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.
  6. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  7. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  8. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  9. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  10. ムギネ酸は土から根に鉄分を運ぶ渡し舟

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP