[スポンサーリンク]

ケムステニュース

NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発

[スポンサーリンク]

 世界に先駆けて非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法(スプレー・ジェット法)を開発独立行政法人情報通信研究機構(以下、NICT。理事長: 長尾 真)は、非揮発性分子をその溶液から、高真空中に分子ビームとして取り出す画期的な手法(スプレー・ジェット法)を開発しました。本手法は非揮発性分子の高真空中での分光、分子堆積、表面分析等様々な応用が産業界から期待され、非揮発性分子の評価や非揮発性の機能性分子を用いた分子素子作製における基盤技術の一つになる可能性を持っています。(引用: 日本経済新聞)

 

半導体などの小型化が進んでいます。さらにナノレベル、分子レベルで扱える道具が必要です。つまり分子レベルで扱える道具は分子になります。

 

関連書籍

外部リンク

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ
  2. 材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果…
  3. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率…
  4. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシッ…
  5. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  6. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用
  7. 米デュポン株、来年急上昇する可能性
  8. 持田製薬、創薬研究所を新設

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究最前線講演会 ~化学系学生のための就職活動Kickoffイベント~
  2. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  3. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
  4. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer
  5. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生
  6. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位
  7. 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 教員公募
  8. EUで化学物質規制のREACHが施行
  9. アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda
  10. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP