[スポンサーリンク]

ケムステニュース

NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発

[スポンサーリンク]

 世界に先駆けて非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法(スプレー・ジェット法)を開発独立行政法人情報通信研究機構(以下、NICT。理事長: 長尾 真)は、非揮発性分子をその溶液から、高真空中に分子ビームとして取り出す画期的な手法(スプレー・ジェット法)を開発しました。本手法は非揮発性分子の高真空中での分光、分子堆積、表面分析等様々な応用が産業界から期待され、非揮発性分子の評価や非揮発性の機能性分子を用いた分子素子作製における基盤技術の一つになる可能性を持っています。(引用: 日本経済新聞)

 

半導体などの小型化が進んでいます。さらにナノレベル、分子レベルで扱える道具が必要です。つまり分子レベルで扱える道具は分子になります。

 

関連書籍

外部リンク

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本化学会第86春季年会(2006)
  2. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  3. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑…
  4. 大学発ベンチャー「アンジェスMG」イオン液体使った核酸医薬臨床試…
  5. 旭化成 繊維事業がようやく底入れ
  6. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開…
  7. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  8. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Google Scholarにプロフィールを登録しよう!
  2. 構造生物学
  3. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-Zelinsky Reaction
  4. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動
  5. Mestre NovaでNMRを解析してみよう
  6. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  7. アミロイド線維を触媒に応用する
  8. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  9. ハートウィグ有機遷移金属化学
  10. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

アカデミックポジションの選考において、一般的なのか良く分かりませんが、欧米(スイス)でどういった選考…

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP