[スポンサーリンク]

ケムステニュース

NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発

[スポンサーリンク]

 世界に先駆けて非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法(スプレー・ジェット法)を開発独立行政法人情報通信研究機構(以下、NICT。理事長: 長尾 真)は、非揮発性分子をその溶液から、高真空中に分子ビームとして取り出す画期的な手法(スプレー・ジェット法)を開発しました。本手法は非揮発性分子の高真空中での分光、分子堆積、表面分析等様々な応用が産業界から期待され、非揮発性分子の評価や非揮発性の機能性分子を用いた分子素子作製における基盤技術の一つになる可能性を持っています。(引用: 日本経済新聞)

 

半導体などの小型化が進んでいます。さらにナノレベル、分子レベルで扱える道具が必要です。つまり分子レベルで扱える道具は分子になります。

 

関連書籍

外部リンク

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ヤンセン 新たな抗HIV薬の製造販売承認を取得
  2. ハワイ州で日焼け止め成分に規制
  3. サリドマイド、がん治療薬に
  4. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授
  5. サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表
  6. ガ求愛行動:性フェロモンを解明 東大など
  7. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  8. 20年新卒の志望業界ランキング、化学は総合3位にランクイン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–
  2. 電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応
  3. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に
  4. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gilbert Alkyne Synthesis
  5. ペプチドの革新的合成
  6. リッター反応 Ritter Reaction
  7. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII
  8. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~中級編~
  9. 日本企業クモ糸の量産技術確立:強さと柔らかさあわせもつ究極の素材
  10. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP