有機合成

  1. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

    トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である。米ミネソタ大学 教授。 (さらに…)…

  2. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

    デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

  3. エリック・メガース Eric Meggers

    エリック・メガース (Eric Meggers、19xx年x月x日-)は、ドイツの有機化学者である。…

  4. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

    アルケンに二種類の求電子剤を一挙に導入する手法が開発された。還元的条件下、ニッケル触媒を用いることで…

  5. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode

    ジェフリー・W・ボーディ (Jeffrey W. Bode、19xx年x月x日-)は、スイスの有機化…

  6. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成

  7. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

  8. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  9. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  10. 井上 将行 Masayuki Inoue

  11. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成

  12. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

  13. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

  14. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応

  15. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König

  16. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 三井化学と日産化学が肥料事業を統合
  2. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員
  3. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Reaction
  4. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxidation with Peroxide
  5. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene
  6. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira
  7. 化学で何がわかるかーあなたの化学、西暦何年レベル?ー

注目情報

最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

PAGE TOP