[スポンサーリンク]


有機合成

  1. 一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

    N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および光触媒を用いない温和な条件で進行し、一級アミンへの誘導も可能である。フタルイミジルラジカルを用いた逆マルコフニコフ型ヒドロアミノ化窒…

  2. ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

    アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

  3. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

    ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

  4. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

    ヒュー・M・L・デーヴィス(Huw M. L. Davies、19xx年x月xx日(Aberystw…

  5. マイクロフロー瞬間pHスイッチによるアミノ酸NCAの高効率合成

    第168回目のスポットライトリサーチは、東京工業大学中村布施研究室、博士後期課程2年の小竹佑磨さんに…

  6. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成

  7. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

  8. スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

  9. スポンジシリーズがアップデートされました。

  10. 環状アミンを切ってフッ素をいれる

  11. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発

  12. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

  13. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  14. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  15. デニス・ホール Dennis G. Hall

  16. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系アルカロイドの網羅的全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学企業のグローバル・トップ50が発表
  2. ウォーレン有機化学
  3. 2005年5月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  4. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N-ジメチルベンジルアミン)パラジウム(II)]:Chloro[(1,3-dimesitylimidazol-2-ylidene)(N,N-dimethylbenzylamine)palladium(II)]
  5. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar
  6. 分子レベルでお互いを見分けるゲル
  7. アメリカで Ph.D. を取る –結果発表ーッの巻–

注目情報

最新記事

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

PAGE TOP