[スポンサーリンク]


有機合成

  1. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

    ヴァリンダー・クマー・アガーウォール(Varinder Kumar Aggarwal、1961年1月1日(インド Kalianpur生)-)は、イギリスの有機化学者である。ブリストル大学教授 (写真:Aggarwal Research Gr…

  2. 単純なアリルアミンから複雑なアリルアミンをつくる

    ニッケル触媒を用いた単純なアリルアミンとアルケンの官能基交換による新奇アリルアミン合成法が開発された…

  3. モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

    川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

  4. ケムステタイムトラベル2010 ~今こそ昔の記事を見てみよう~

    埋もれていく過去記事過去記事が読まれにくいのはブログの宿命ですが、いい記事が埋もれるのはもったい…

  5. 第27回 国際複素環化学会議 (27th ISHC)

    ご案内複素環は有機化合物の半数以上を占める, 極めて重要な構成単位です。 医薬や農薬などの生物活…

  6. すごい分子 世界は六角形でできている

  7. 信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

  8. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法

  9. [5+1]環化戦略による触媒的置換シクロヘキサン合成

  10. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

  11. 一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

  12. ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

  13. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

  14. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

  15. マイクロフロー瞬間pHスイッチによるアミノ酸NCAの高効率合成

  16. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 官能基「プロパルギル基」導入の道
  2. アビー・ドイル Abigail G. Doyle
  3. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  4. 武田薬品、高血圧治療剤が米で心不全の効能追加
  5. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  6. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省
  7. 祝5周年!-Nature Chemistryの5年間-

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

PAGE TOP