[スポンサーリンク]


有機合成

  1. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

    ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメリカの有機化学者である。イリノイ大学シカゴ校教授 (写真:EurekaAlert!)。 (さらに…)…

  2. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

    ヒュー・M・L・デーヴィス(Huw M. L. Davies、19xx年x月xx日(Aberystw…

  3. マイクロフロー瞬間pHスイッチによるアミノ酸NCAの高効率合成

    第168回目のスポットライトリサーチは、東京工業大学中村布施研究室、博士後期課程2年の小竹佑磨さんに…

  4. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成

    キラルなルイス酸触媒を用いた新規シクロブタノン不斉合成法が開発された。高いジアステレオ/エナンチオ選…

  5. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

    アリル位の新しいC–Hカップリングが報告された。Cp*Rh(Ⅲ)錯体を用いた脱水素型クロスカップリン…

  6. スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

  7. スポンジシリーズがアップデートされました。

  8. 環状アミンを切ってフッ素をいれる

  9. 特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

  10. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発

  11. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

  12. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  13. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  14. デニス・ホール Dennis G. Hall

  15. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系アルカロイドの網羅的全合成

  16. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  2. スズ化合物除去のニュースタンダード:炭酸カリウム/シリカゲル
  3. Chem-Station9周年へ
  4. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法
  5. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  6. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発
  7. シロアリに強い基礎用断熱材が登場

注目情報

最新記事

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

PAGE TOP