[スポンサーリンク]


有機合成

  1. アレックス・ラドセヴィッチ Alexander Radosevich 

    アレクサンダー・・ラドセヴィッチ (Alexander T. Radosevich、1980年11月1日–)は米国の有機・無機化学者である。マサチューセッツ工科大学准教授。経歴2002 ノートルダム大学 卒業2007 カルフォル…

  2. 第169回―「両性分子を用いる有機合成法の開発」Andrei Yudin教授

    第169回の海外化学者インタビューは、アンドレイ・K・ユーディン教授です。トロント大学化学科に所属し…

  3. 大井貴史 Takashi Ooi

    大井貴史 (おおい たかし)は日本の有機化学者である。名古屋大学大学院工学研究科 教授。専門は有機合…

  4. 腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

    2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

  5. 光照射による有機酸/塩基の発生法:②光塩基発生剤について

    【本記事は、糖化学ノックイン領域において実施している領域内総説抄録会の過去資料をブログ記事に転記し、…

  6. 光照射による有機酸/塩基の発生法:①光酸発生剤について

  7. こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

  8. シビれる(T T)アジリジン合成

  9. 狙いを定めて、炭素-フッ素結合の変換!~光触媒とスズの協働作用~

  10. 立体障害を超えろ!-「London分散力」の威力-

  11. 糖鎖を化学的に挿入して糖タンパク質を自在に精密合成

  12. 柴田科学 合成反応装置ケミストプラザ CP-400型をデモしてみた

  13. 第162回―「天然物の合成から作用機序の解明まで」Karl Gademann教授

  14. 第161回―「C-H官能基化と脱芳香族化を鍵反応とする天然物合成」Shu-Li You教授

  15. 第160回―「触媒的ウィッティヒ反応の開発」Christopher O’Brien博士

  16. 第157回―「メカノケミカル合成の方法論開発」Tomislav Friščić教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis
  2. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reaction
  3. MEDCHEM NEWS 31-2号「2020年度医薬化学部会賞」
  4. 世界最小電圧の乾電池1本で光る青色有機EL
  5. グリニャール反応 Grignard Reaction
  6. ギ酸 (formic acid)
  7. 水素移動を制御する精密な分子設計によるNHC触媒の高活性化

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP