[スポンサーリンク]


有機合成

  1. 有機分子触媒ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。新年度はじめて、今年2回目のケミカルタイムズの特集は「有機分子触媒」。久々のド直球有機化学です。日本の有機触媒のさきがけたちが名を連ねてい…

  2. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

    「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

  3. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

    リッチモンド・サーポン(Richmond Sarpong、1974年4月23日(ガーナ ベッカム生)…

  4. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong

    홍 순 혁(Soon Hyeok Hong、19xx年xx月x日-)は、韓国の有機化学者である。ソウ…

  5. 医薬品への新しい合成ルートの開拓 〜協働的な触媒作用を活用〜

    第140回目のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系 大宮研究室の安田茂雄助教にお願…

  6. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

  7. 有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

  8. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

  9. Junfeng Zhao

  10. Wen-Jing Xiao

  11. 有機合成化学の豆知識botを作ってみた

  12. “かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

  13. トーマス・レクタ Thomas Lectka

  14. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

  15. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

  16. 添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  2. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授
  3. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  4. テルペンを酸化的に”飾り付ける”
  5. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingold
  6. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay
  7. デルフチバクチン (delftibactin)

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

PAGE TOP