[スポンサーリンク]


有機合成

  1. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

    塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大反応、酸触媒による環縮小反応により、様々なベンゼン環をもつ含窒素ヘテロ環化合物を合成できる。環拡大反応による含窒素ヘテロ環骨格ベンゼ…

  2. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

    「ケムステ海外研究記」の第21回目は、南條毅さんにお願いしました。南條さんはイリノイ大学アー…

  3. 「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

    「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

  4. 有機分子触媒ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  5. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

    「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

  6. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

  7. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong

  8. 医薬品への新しい合成ルートの開拓 〜協働的な触媒作用を活用〜

  9. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

  10. 有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

  11. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

  12. Junfeng Zhao

  13. Wen-Jing Xiao

  14. 有機合成化学の豆知識botを作ってみた

  15. “かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

  16. トーマス・レクタ Thomas Lectka

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 劉 龍 Ryong Ryoo
  2. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  3. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ
  4. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogenation
  5. 色素増感型太陽電池 / Dye-sensitized Solar Cells
  6. タウリン捕まえた!カゴの中の鳥にパイ電子雲がタッチ
  7. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見

注目情報

最新記事

ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

およそ3000誌のジャーナル編集ポリシーをまとめたデータベース「Transpose」が、この6月に公…

有機合成化学協会誌2019年9月号:炭素–水素結合ケイ素化・脱フッ素ホウ素化・Chemically engineered extracts・クロロアルケン・ニトレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年9月号がオンライン公開されました。ま…

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

PAGE TOP