[スポンサーリンク]


有機合成

  1. 銀を使ってリンをいれる

    銀触媒による1,3-ジカルボニル化合物のC–C結合開裂を伴うC–P結合の形成が報告された。合成中間体や生物活性化合物として有用なβ-ケトホスホネートを合成する新手法である。1,3-ジカルボニル化合物のC–C結合切断を伴うC–X結合形成反…

  2. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す

    電気化学的アプローチからMn触媒を用いてアルケンをジアジド化する手法が開発された。本手法は、従来のビ…

  3. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

    第120回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 薬化学研究室(根本哲宏教授) 博士後…

  4. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

    エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

  5. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

    チャオ=ジュン・リー (Chao-Jun Li、19xx年xx月xx日-)は、カナダの有機化学者であ…

  6. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

  7. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成

  8. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

  9. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法

  10. いざ、低温反応!さて、バスはどうする?〜水/メタノール混合系で、どんな温度も自由自在〜

  11. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

  12. ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

  13. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

  14. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

  15. エリック・メガース Eric Meggers

  16. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充
  2. 嫌気性コリン代謝阻害剤の開発
  3. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者
  4. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody
  5. 近況報告Part III
  6. ニュースタッフ参加
  7. 『国際化学オリンピック』 日本代表が決定

注目情報

最新記事

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

PAGE TOP