材料化学

  1. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授

    第32回の海外化学者インタビューは、ダンカン・ブルース教授です。ヨーク大学化学科に在籍し、液晶に重点を置きつつ材料化学のさまざまな側面を研究しています。それではインタビューをどうぞ。 (さらに…)…

  2. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?

    第63回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学の宮田潔志さん(日本学術振興会海外特別研究員)にお…

  3. 水素ガス/酸素ガスで光特性を繰り返し変化させる分子

    ついにスポットライトリサーチも第50回。今回は熊本大学大学院自然科学研究科・博士課程2年の浦川一樹さ…

  4. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製

    第49回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科・博士課程3年の増田造さんにお願いしま…

  5. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」

    第35回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院先端生命科学研究院の野々山貴行 特任助教にお願い…

  6. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇

  7. The Sol-Gel Handbook: Synthesis, Characterization and Applications

  8. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)

  9. 水島 公一 Koichi Mizushima

  10. 企業の研究を通して感じたこと

  11. 生物のデザインに学ぶ-未来をひらくバイオミメティクス-に行ってきました!

  12. ブロック共重合体で無機ナノ構造を組み立てる

  13. 軽量・透明・断熱!エアロゲル(aerogel)を身近に

  14. 透明なカニ・透明な紙:バイオナノファイバーの世界

  15. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)

  16. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 重水素標識反応 Deuterium Labeling Reaction
  2. 日本のお家芸、糖転移酵素を触媒とするための簡便糖ドナー合成法
  3. マーティン・バーク Martin D. Burke
  4. フロインターベルク・シェーンベルク チオフェノール合成 Freunderberg-Schonberg Thiophenol Synthesis
  5. プロセス化学ー合成化学の限界に挑戦するー
  6. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution
  7. Essential細胞生物学

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP