[スポンサーリンク]

ケムステニュース

05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小

[スポンサーリンク]

2005年、中国の石油化学工業は好況が続くとみられている。専門家の予測では石油化学製品の値上がり幅が原油価格の値上がり幅を上回り、原油高の影響は受けない見通し。一方で、化学工業全体では利益縮小傾向が強まる。23日付で香港・経済通が伝えた。

国際原油価格の高騰は長期化し、オイルガス採掘業をはじめとする原油採掘業は全体として業績の堅調が予想されている。一方で、原油高の影響で、化学工業全体としては利益が縮小傾向を示しそう。(引用:中国情報局

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  2. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  3. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製
  4. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある
  5. 「サリドマイド」投与医師の3割が指針”違反̶…
  6. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  7. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始
  8. 化学は切手と縁が深い

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学の歴史
  2. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  3. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  4. 近くにラジカルがいるだけでベンゼンの芳香族性が崩れた!
  5. ナイトレン
  6. マット・シェア Matthew D. Shair
  7. 不活性アルケンの分子間[2+2]環化付加反応
  8. 「サリドマイド」投与医師の3割が指針”違反”
  9. 奇跡の素材「グラフェン」を使った世界初のシューズが発売
  10. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP