[スポンサーリンク]

ケムステニュース

05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小

2005年、中国の石油化学工業は好況が続くとみられている。専門家の予測では石油化学製品の値上がり幅が原油価格の値上がり幅を上回り、原油高の影響は受けない見通し。一方で、化学工業全体では利益縮小傾向が強まる。23日付で香港・経済通が伝えた。

国際原油価格の高騰は長期化し、オイルガス採掘業をはじめとする原油採掘業は全体として業績の堅調が予想されている。一方で、原油高の影響で、化学工業全体としては利益が縮小傾向を示しそう。(引用:中国情報局

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ガ求愛行動:性フェロモンを解明 東大など
  2. 富士フイルム、英社を245億円で買収 産業用の印刷事業拡大
  3. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  4. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  5. 三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始
  6. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  7. ふるい”で気体分離…京大チーム
  8. 武田薬品、糖尿病薬「アクトス」に抗炎症作用報告

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  2. 薬物耐性菌を学ぶーChemical Times特集より
  3. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  4. 単分子レベルでの金属―分子接合界面構造の解明
  5. CSJカレントレビューシリーズ書評
  6. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  7. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff Reaction
  8. フェン・チャン Feng Zhang
  9. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  10. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP