[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。

ひとによって期間の違いはあれど、夏休みがあるひとも多いかと思います。涼しい室内で有機合成化学協会誌を読んで、最新研究を学びたいものです。

今月号も充実した内容となっています。キーワードは、「パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド」です。今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

追悼:森 謙治先生を偲ぶ

東京大学大学院農学生命科学研究科 滝川浩郷 教授による追悼記事です。

故 森 謙治 先生

 

フェロモンの合成研究に代表される数々の偉業で大変著名な森先生。有機合成をやっていて知らない人はいないかと思います。平成31年4月16日にご逝去されました。心よりご冥福を御祈り致します。

本追悼記事はオープンアクセスです。

巻頭言:有機合成化学協会;情報・知恵の融合と創発の場で育てていただいて

今月号は慶應義塾大学薬学部 須貝 威 教授による巻頭言です。

須貝教授も、森 謙治先生とともに研究された先生のお一人ということで、そのエピソードも描かれています。オープンアクセスですので、必見です。

パラジウム-窒素系二座配位子錯体触媒を用いる芳香族複素環の炭素−水素結合直接官能基化反応

岐阜大学工学部 芝原文利

本総合論文は,パラジウム-フェナントロリン触媒系によるイミダゾールやチエニルチオアミドなどの複素芳香族化合物の炭素-水素結合を位置選択的にアリール化する反応が記されています.本触媒系の特徴と既存系との比較,一部の触媒系については反応機構についても合わせて議論されています.

環境調和型環状カーボネート合成を志向した触媒反応系の構築

長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科 中村 巧、岡田めぐみ、白川誠司*

本論文は、エポキシドと二酸化炭素の反応による工業的に重要な環状カーボネートの合成について述べています。独自の触媒設計について丁寧に説明されているだけでなく、大気圧下での二酸化炭素の使用にこだわって研究を進めてきた裏話なども書かれています。ぜひご覧ください。

素粒子を用いる有機分子の反応解析:開殻一重項複素環化合物のミュオンスピン分光研究

東京工業大学物質理工学院 伊藤繁和

素粒子ミュオンとそれを利用したミュオンスピン分光法について、背景や解析の具体例がまとめられています。有機合成化学者にとってミュオンスピン分光法は馴染みが薄いため、化学者の立場から書かれた本総合論文は新鮮に映るのではないでしょうか。また、読者がミュオンスピン分光法に触れる際にも有用です。

大規模カゴ型アルキル骨格内にπ電子系が架橋した「分子ジャイロコマ」の合成構造化学

首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 瀨髙 渉*、稲垣佑亮

徳島文理大学香川薬学部 山口健太郎

結晶中で回転運動する分子マシン「分子ジャイロコマ」についての論文です。回転子の構造や外枠となる架橋鎖の長さの違いによる回転挙動、物性の違いが、その評価法とともに大変わかりやすく紹介されています。結晶中でも分子は動いている!と改めて実感するとともに、物性の理解には静止構造(のスイッチング)だけでなく“動き”も重要という、分子マシンの本質を示した内容でもあり、読みごたえがあります。

π拡張フルオレン(テトラベンゾフルオレン)の構造、反応そして特異な光物性

兵庫県立大学大学院工学研究科 川瀬 毅*、井上翔悟、西田純一

フルオレンは多岐にわたり研究されている。本稿で紹介するテトラベンゾフルオレンは、シンプルなフルオレン誘導体にも関わらず、これまで注目されていなかったが、置換基の導入によって興味深い様々な光学機能を発現した。シンプル過ぎるがゆえに、見落とされていた有用な材料骨格であろう。

海洋マクロリド天然物iriomoteolide-2aの全合成:複雑な天然物の構造決定と生物活性評価における全合成の役割

中央大学理工学部 坂本渓太、不破春彦*

海洋マクロリドiriomoteolide-2aの全合成と構造改訂に関する論文です。Chemical shift deviation analysisという手法を駆使して真の化学構造を導き出すストーリーが分かりやすく述べられており、本稿を通して、天然物の立体配置の決定において全合成が未だに重要な役割を担っていることを再認識することができます。

Rebut de Debut

今月号のRebut de Debutあります。すべてオープンアクセスです。

芳香族ニトロ化合物の生体分子との共有結合形成反応理化学研究所生命機能科学研究センター)渡辺賢司

ジケトピロロピロール誘導体の合成と機能材料への展開((公財) 相模中央化学研究所・電子材料化学グループ)山縣拓也

多置換インドール骨格を有するNodulisporic Acid類の全合成研究富山大学大学院理工学研究部)岡田卓哉

感動の瞬間:キラルリン酸触媒の開発

今月号の感動の瞬間は、学習院大学理学部 秋山 隆彦 教授による寄稿記事です。

今や誰もが知っているキラルリン酸触媒が、秋山先生の元で如何にして生まれ、そして育ったかを知ることができます。オープンアクセスです。

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!
  2. 【マイクロ波化学(株)環境/化学分野向けウェビナー】 #CO2削…
  3. 日本ビュッヒ「Cartridger」:カラムを均一・高効率で作成…
  4. 薬物耐性菌を学ぶーChemical Times特集より
  5. 窒素固定をめぐって-1
  6. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  7. Post-Itのはなし ~吸盤ではない 2~
  8. 多様なペプチド化合物群を簡便につくるー創薬研究の新技術ー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】
  2. 機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム
  3. 13族元素含有ベンゼンの合成と性質の解明
  4. 黒田チカ Chika Kuroda
  5. 今年の名古屋メダルセミナーはアツイぞ!
  6. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction
  7. 【日産化学 23卒/Zoomウェビナー配信!】START your chemi-story あなたの化学をさがす 研究職限定 キャリアマッチングLIVE
  8. ラスカー賞に遠藤章・東京農工大特別栄誉教授
  9. 低温低圧・常温常圧窒素固定の反応開発 最新情報サマリー その1
  10. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2019年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP