[スポンサーリンク]

N

ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

概要

O-チオカルバメートは高温加熱下において転位を起こし、S-チオカルバメートを生成する。フェノールからチオフェノールを合成するための有用な方法となる。

200~300℃程度というかなりの高温が一般に必要だが、マイクロ波の照射が効果的である。パラジウム触媒や光触媒の共存下、穏和な条件で行えることも最近実証されている。

基本文献

反応機構

C=S結合が熱力学的により安定なC=O結合へと変わることが反応の駆動力になっている。硫黄原子の芳香族求核反応を経由して進行する事情から、芳香環パラ位・オルト位に電子求引性置換基をもつものほど反応が加速される。

Newman_Kwart_3

窒素置換基はジアルキル体であることが求められる。プロトン置換体を加熱すると、以下の様な分解過程によりイソチオシアナートが生成して転位体は得られない。

Newman_Kwart_2

反応例

パラジウム触媒の共存により、低温(100℃前後)で行なうことが可能[1]。

Newman_Kwart_4

可視光レドックス有機触媒を用いる室温下でのNewman-Kwart転位[2]:非常に官能基許容性の高い反応が実現されている。

Newman_Kwart_5

参考文献

  1. Harvey, J. N.; Jover, J.; Lloyd-Jones, G. C.; Moseley, J. D.; Murray, P.; Renny, J. S. Angew. Chem. Int. Ed., 2009, 48, 7612. DOI: 10.1002/anie.200903908
  2. Perkowski, A. J.; Cruz, C. L.; Nicewicz, D. A. J. Am. Chem. Soc. 2015, 137, 15684. DOI: 10.1021/jacs.5b11800

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. パーコウ反応 Perkow Reaction
  2. マッテソン反応 Matteson Reaction
  3. トロスト酸化 Trost Oxidation
  4. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride
  5. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  6. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement
  7. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gil…
  8. ハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Re…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund Rearrangement
  2. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム
  3. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II
  4. 有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加
  5. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  6. 新人化学者の失敗ランキング
  7. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  8. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成
  9. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側
  10. 恋する創薬研究室

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

最小のシクロデキストリンを組み上げる!

第196回目のスポットライトリサーチは、関西学院大学理工学部化学科(山田研究室)・若森晋之介 助教に…

周期表の形はこれでいいのか? –上下逆転した周期表が提案される–

重い元素を上に置き、軽い元素を下に置く周期表が提案されました。この記事では、その上下逆転周期表の利点…

有機合成化学協会誌2019年5月号:特集号 ラジカル種の利用最前線

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年5月号がオンライン公開されました。令…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP