[スポンサーリンク]


2005年 9月

  1. 製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足

    画期的新薬をグローバルに、継続的に生み出したい」と第一三共の社長に就任する庄田隆・三共社長は強調する。生活水準向上に伴って先進国と同じ薬が普及し始めた途上国もあり、市場が世界各地に大きく広がっているからだ。それに対応…

  2. 三井化学、機能性ポリマーのウェブサイト始動

    ?三井化学はきょう29日、ウェブサイト「機能性ポリマーズWEBフォーラム」(http://www.m…

  3. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞

    ?有機反応化学教室の小林修教授がアメリカ化学会賞(Arthur C. Cope Scholar A…

  4. 金大発『新薬』世界デビュー

    ?生活習慣病の元凶とされる血液中の悪玉コレステロール(LDL)の再生を抑え、善玉コレステロール(HD…

  5. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など

    ?緑茶に含まれる渋み成分の1つ「エピガロカテキンガレート(EGCG)」に、アルツハイマー病の原因物…

  6. 【インドCLIP】製薬3社 抗エイズ薬後発品で米から認可

  7. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も

  8. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認

  9. CTCLS、製薬業界向けに医薬品の探索研究に特化した電子実験ノートブックを販売

  10. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合教授-

  11. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA

  12. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ

  13. 免疫系に捕そくされない超微粒子の薬剤

  14. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表

  15. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス

  16. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヘテロカンシラノール
  2. IBX酸化 IBX Oxidation
  3. 白リン / white phosphorus
  4. リアルタイムで分子の自己組織化を観察・操作することに成功
  5. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  6. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法
  7. あなたの合成ルートは理想的?

注目情報

最新記事

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

PAGE TOP