[スポンサーリンク]


2005年 9月

  1. 製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足

    画期的新薬をグローバルに、継続的に生み出したい」と第一三共の社長に就任する庄田隆・三共社長は強調する。生活水準向上に伴って先進国と同じ薬が普及し始めた途上国もあり、市場が世界各地に大きく広がっているからだ。それに対応…

  2. 三井化学、機能性ポリマーのウェブサイト始動

    ?三井化学はきょう29日、ウェブサイト「機能性ポリマーズWEBフォーラム」(http://www.m…

  3. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞

    ?有機反応化学教室の小林修教授がアメリカ化学会賞(Arthur C. Cope Scholar A…

  4. 金大発『新薬』世界デビュー

    ?生活習慣病の元凶とされる血液中の悪玉コレステロール(LDL)の再生を抑え、善玉コレステロール(HD…

  5. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など

    ?緑茶に含まれる渋み成分の1つ「エピガロカテキンガレート(EGCG)」に、アルツハイマー病の原因物…

  6. 【インドCLIP】製薬3社 抗エイズ薬後発品で米から認可

  7. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も

  8. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認

  9. CTCLS、製薬業界向けに医薬品の探索研究に特化した電子実験ノートブックを販売

  10. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合教授-

  11. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA

  12. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ

  13. 免疫系に捕そくされない超微粒子の薬剤

  14. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表

  15. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス

  16. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法
  2. 【速報】2010年ノーベル化学賞決定!『クロスカップリング反応』に!!
  3. 基礎講座 有機化学
  4. マット・シグマン Matthew S. Sigman
  5. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric Acid
  6. 特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発
  7. 力をかけると塩酸が放出される高分子材料

注目情報

最新記事

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

PAGE TOP