[スポンサーリンク]

ケムステニュース

抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認

17-AAG?神経細胞が壊れ、全身の筋肉が徐々に衰えたり、手足を動かせなくなったりする難病「ポリグルタミン病」を予防・改善する化合物を、名古屋大学の祖父江元・教授(神経内科)らのグループが動物実験などで確認した。病因にかかわる部分をねらってやっつける「分子標的薬」として使える可能性があり、特効薬の開発につながると期待される。米医学誌「ネイチャー・メディシン」の最新号に発表した。 (引用:朝日新聞

?

?

 

 ?in vitro(試験管内)の結果ですが、17-AAGという抗生物質ゲルダナマイシン(geldanamycin)の誘導体がポリグリルタミン病の予防に効果があったようです。17-AAGは抗ガン剤として現在臨床試験中である化合物のひとつです。ゲルダナマイシン自体も抗ガン作用があるのですが、細胞毒性があるため、毒性を減らすため誘導化したものが17-AAGとなります。17-AAGはイレッサ等と同じく分子標的薬です。

?

関連書籍

慢性骨髄性白血病治療症例集―分子標的治療薬/メシル酸イマチニブ

?

?



関連リンク

ポリグルタミン病の分子病態機構

ポリグルタミン病

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 富大工学部実験研究棟で火事
  2. クラレ 新たに水溶性「ミントバール」
  3. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題
  4. 室温で液状のフラーレン
  5. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?
  6. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO
  7. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  8. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功
  2. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  3. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より
  4. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成
  5. オルガテクノ大賞2005受賞者決定!
  6. イスラエルの化学ってどうよ?
  7. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑤:ショットノートの巻
  8. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.
  9. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination
  10. “click”の先に

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

最小のシクロデキストリンを組み上げる!

第196回目のスポットライトリサーチは、関西学院大学理工学部化学科(山田研究室)・若森晋之介 助教に…

周期表の形はこれでいいのか? –上下逆転した周期表が提案される–

重い元素を上に置き、軽い元素を下に置く周期表が提案されました。この記事では、その上下逆転周期表の利点…

有機合成化学協会誌2019年5月号:特集号 ラジカル種の利用最前線

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年5月号がオンライン公開されました。令…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP