[スポンサーリンク]


2009年 5月

  1. フィリップ・イートン Phillip E. Eaton

    フィリップ・E・イートン(Phillip E. Eaton、1936年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:Universityo of Chicago)。米シカゴ大学教授。 (さらに…)…

  2. 天然物の全合成―2000~2008

     内容最新の全合成から135を厳選し,合成ルートを詳述.実際に達成された合成ルートを見ながら…

  3. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ” 京薬大准教授ら

    中毒死が近年続いたキノコ、ニセクロハツの毒物を、橋本貴美子京都薬科大准教授、…

  4. 英文読解の負担を減らすマウスオーバー辞書

    今回は、フリーで使えるマウスオーバー辞書ソフト『Lingoes』と『キングソフト辞書』を紹介しま…

  5. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】

     講師 : 東邦大学 理学部 化学科 教授(4月から) 長谷川 匡俊 氏【経歴】19…

  6. ウェルチ化学賞・受賞者一覧

  7. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】

  8. ハリー・グレイ Harry B. Gray

  9. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ・寄稿募集】

  10. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】

  11. UCLA研究員死亡事故・その後

  12. 有機化学クロスワードパズル

  13. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約

  14. “匂いのゴジラ”の無効化

  15. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子

  16. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解めっきの原理編~
  2. どっちをつかう?:adequateとappropriate
  3. 化学反応を自動サンプリング! EasySampler 1210
  4. 有機アジド(4)ー芳香族アジド化合物の合成
  5. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!
  6. 分析技術ーChemical Times特集より
  7. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP