[スポンサーリンク]


2009年 5月

  1. フィリップ・イートン Phillip E. Eaton

    フィリップ・E・イートン(Phillip E. Eaton、1936年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:Universityo of Chicago)。米シカゴ大学教授。 (さらに…)…

  2. 天然物の全合成―2000~2008

     内容最新の全合成から135を厳選し,合成ルートを詳述.実際に達成された合成ルートを見ながら…

  3. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ” 京薬大准教授ら

    中毒死が近年続いたキノコ、ニセクロハツの毒物を、橋本貴美子京都薬科大准教授、…

  4. 英文読解の負担を減らすマウスオーバー辞書

    今回は、フリーで使えるマウスオーバー辞書ソフト『Lingoes』と『キングソフト辞書』を紹介しま…

  5. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】

     講師 : 東邦大学 理学部 化学科 教授(4月から) 長谷川 匡俊 氏【経歴】19…

  6. ウェルチ化学賞・受賞者一覧

  7. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】

  8. ハリー・グレイ Harry B. Gray

  9. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ・寄稿募集】

  10. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】

  11. UCLA研究員死亡事故・その後

  12. 有機化学クロスワードパズル

  13. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約

  14. “匂いのゴジラ”の無効化

  15. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子

  16. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチウムイオン電池のはなし~1~
  2. 光有機触媒で開環メタセシス重合
  3. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー後編
  4. 超原子価ヨウ素を触媒としたジフルオロ化反応
  5. 書物から学ぶ有機化学 2
  6. 特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発
  7. ケムステイブニングミキサー2015を終えて

注目情報

最新記事

トンネル構造をもつマンガン酸化物超微粒子触媒を合成

第409回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 材料系 原・鎌田研究室に在籍されて…

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

Tshozoです。先月このような論文がNature本誌に発表されました。窒素固定と言えばやはり筆…

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

PAGE TOP