[スポンサーリンク]


2009年 6月 10日

  1. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Dihydroxylation (SharplessAD)

    概要・Sharplessらはcinchona alkaloid(キニジン、キニーネ)由来の不斉配位子((DHQD)2PHALもしくは(DHQ)2PHAL)を用い、四酸化オスミウムによる実用的触媒的不斉ジヒドロキシル化を達成した。…

  2. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis

    概要アルデヒドからの一炭素増炭(Homologation)によるアルキン合成法。1,1-…

  3. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shibata (CBS) Reduction

    概要プロリンから容易に誘導されるキラルオキサザボロリジン触媒とボランを用いて、ケ…

  4. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation

    アルコール→アルデヒド、ケトン概要Swern酸化は副反応も少なく実用性が高い一方で、低温無水…

  5. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination

    概要ラジカル条件下、N-コハク酸イミド(NBS)による臭素化を行う手法。溶媒とし…

  6. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefination

  7. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?

  8. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation

  9. ウルマンカップリング Ullmann Coupling

  10. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination

  11. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation

  12. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Amination

  13. 向山アルドール反応 Mukaiyama Aldol Reaction

  14. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Partial Reduction of Esters, Amides nad Nitriles with Metal Hydride

  15. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald-Hartwig Cross Coupling

  16. リチャード・ゼア Richard N. Zare

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  2. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?
  3. 有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号
  4. 世界で初めて一重項分裂光反応の静水圧制御を達成
  5. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hydride (LAH)
  6. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  7. ガ求愛行動:性フェロモンを解明 東大など

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP