[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefination

[スポンサーリンク]

概要

ハロホルム(CHX3)とCrCl2によって調製したgem-ジクロム試薬とアルデヒドを反応させ、ハロゲン化アルケニルを合成する反応。活性種である有機クロム化合物は官能基受容性が高く、穏和な条件下に進行することが最大のメリット。通常E-アルケンが主生成物として得られる。CHX3の代わりに1,1-ジハロゲニド(CR2X2)を用いることもできる。生成物は各種クロスカップリング反応の原料としても有用。

基本文献

<review>

反応機構

gem-ジクロム化合物が活性種として働くと考えられている。
takai.3.gif

反応例

主生成物はE-アルケンであるが、その選択性は完全ではない。[1]
takai.5.gif
Phorboxazole Aの合成[2]
takai_uchimoto_4.gif

参考文献

  1. Hoye, T. R.; Tan, L. Tetrahedron Lett. 199536, 1981. doi:10.1016/0040-4039(95)00207-S
  2. Smith, A. B., III et al. J. Am. Chem. Soc. 2001123, 10942. DOI: 10.1021/ja011604l

関連反応

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. キャロル転位 Carroll Rearrangement
  2. カテラニ反応 Catellani Reaction
  3. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromat…
  4. リンドラー還元 Lindlar Reduction
  5. レギッツジアゾ転移 Regitz Diazo Transfer
  6. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluorobor…
  7. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shiba…
  8. 向山アルドール反応 Mukaiyama Aldol Reacti…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スタチンのふるさとを訪ねて
  2. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus
  3. 第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  4. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tetrakis(triphenylphosphine)palladium(0)
  5. 有機の王冠
  6. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授
  7. ムスカリン muscarine
  8. サムスン先端研恐るべし -大面積プリンタブルグラフェンの合成-
  9. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination
  10. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP