[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

リチャード・ゼア Richard N. Zare

[スポンサーリンク]

リチャード・N・ゼア(Richard N. Zare、1939年11月19日-)は、アメリカの物理化学者、分析化学者である(写真:Zarelab)。米スタンフォード大学教授。

 

経歴

1961 ハーバード大学 卒業
1964 ハーバード大学 博士号取得 (Dudley Herschbach教授)
1965 マサチューセッツ工科大学 助教授
1966 コロラド大学へ異動
1969 コロンビア大学 教授
1977- スタンフォード大学 教授

 

受賞歴

1974 Fresenius Award
1979 Michael Polanyi Medal
1981 Earle K. Plyler Prize
1983 Spectroscopy Society of Pittsburgh Award
1983 National Medal of Science
1985 Irving Langmuir Award in Chemical Physics
1986 Michelson-Morley Award
1986 Kirkwood Medal
1990 Willard Gibbs Medal
1991 Peter Debye Award
1991 National Academy of Sciences Award in Chemical Sciences
1993 Dannie-Heineman Preis
1993 The Harvey Prize
1995 ACS Division of Analytical Chemistry Award in Chemical Instrumentation
1996 The Bing Fellowship Award
1997 California Scientist of the Year Award
1998 ACS Award in Analytical Chemistry
1999 E. Bright Wilson Award in Spectroscopy
1999 Welch Award in Chemistry
2000 Arthur L. Schawlow Prize in Laser Science
2000 Nobel Laureate Signature Award for Graduate Education
2001 Charles Lathrop Parsons Award
2001 Faraday Medal
2003 Royal Society of Chemistry Laurance and Naomi Carpenter Hoagland Prize
2004 Foreign member of the Swedish Academy of Sciences, Sweden
2004 Foreign member Chinese Academy of Sciences (CAS), Beijing, P.R.C.
2004 James Flack Norris Award for Outstanding Achievement in the Teaching of Chemistry, ACS
2004 The ACS Nichols Medal
2005 Wolf Prize in Chemistry
2010 Priestley Medal
2011 King Faisal International Prize in Science (shared with George M. Whitesides)
2012 Torbern Bergman Medal
2012 International Science and Technology Cooperation Award of the People’s Republic of China
2017 Othmer Gold Medal from the Chemical Heritage Foundation

 

研究概要

レーザー化学・分光学に関する研究
特にレーザー誘起蛍光分析による反応動力学過程の追跡

 

名言集

 

関連動画

コメント&その他

 

関連文献

  • DS McKay, EK Gibson Jr, KL Thomas-Keprta, H Vali, Science 273 (5277), 924
  • RN Zare Mol. Photochem 4 (1), 1
  • JV Jokerst, T Lobovkina, RN Zare, SS Gambhir Nanomedicine 6 (4), 715-728
  • J Cooper, RN Zare The Journal of Chemical Physics 48 (2), 942-943

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman
  2. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich
  3. 八木 政行 Masayuki Yagi
  4. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer
  5. 大村 智 Satoshi Omura
  6. 稲垣伸二 Shinji Inagaki
  7. テオ・グレイ Theodore Gray
  8. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 結晶世界のウェイトリフティング
  2. 有機機能材料 基礎から応用まで
  3. 液体キセノン検出器
  4. 東レ先端材料シンポジウム2011に行ってきました
  5. レスベラトロール /resveratrol
  6. 第11回 触媒から生命へー金井求教授
  7. Slow down, baby, now you’re movin’ way too fast.
  8. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  9. Grubbs第二世代触媒
  10. 単分子レベルでの金属―分子接合界面構造の解明

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP