[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

リチャード・ゼア Richard N. Zare

[スポンサーリンク]

リチャード・N・ゼア(Richard N. Zare、1939年11月19日-)は、アメリカの物理化学者、分析化学者である(写真:Zarelab)。米スタンフォード大学教授。

 

経歴

1961 ハーバード大学 卒業
1964 ハーバード大学 博士号取得 (Dudley Herschbach教授)
1965 マサチューセッツ工科大学 助教授
1966 コロラド大学へ異動
1969 コロンビア大学 教授
1977- スタンフォード大学 教授

 

受賞歴

1974 Fresenius Award
1979 Michael Polanyi Medal
1981 Earle K. Plyler Prize
1983 Spectroscopy Society of Pittsburgh Award
1983 National Medal of Science
1985 Irving Langmuir Award in Chemical Physics
1986 Michelson-Morley Award
1986 Kirkwood Medal
1990 Willard Gibbs Medal
1991 Peter Debye Award
1991 National Academy of Sciences Award in Chemical Sciences
1993 Dannie-Heineman Preis
1993 The Harvey Prize
1995 ACS Division of Analytical Chemistry Award in Chemical Instrumentation
1996 The Bing Fellowship Award
1997 California Scientist of the Year Award
1998 ACS Award in Analytical Chemistry
1999 E. Bright Wilson Award in Spectroscopy
1999 Welch Award in Chemistry
2000 Arthur L. Schawlow Prize in Laser Science
2000 Nobel Laureate Signature Award for Graduate Education
2001 Charles Lathrop Parsons Award
2001 Faraday Medal
2003 Royal Society of Chemistry Laurance and Naomi Carpenter Hoagland Prize
2004 Foreign member of the Swedish Academy of Sciences, Sweden
2004 Foreign member Chinese Academy of Sciences (CAS), Beijing, P.R.C.
2004 James Flack Norris Award for Outstanding Achievement in the Teaching of Chemistry, ACS
2004 The ACS Nichols Medal
2005 Wolf Prize in Chemistry
2010 Priestley Medal
2011 King Faisal International Prize in Science (shared with George M. Whitesides)
2012 Torbern Bergman Medal
2012 International Science and Technology Cooperation Award of the People’s Republic of China
2017 Othmer Gold Medal from the Chemical Heritage Foundation

 

研究概要

レーザー化学・分光学に関する研究
特にレーザー誘起蛍光分析による反応動力学過程の追跡

 

名言集

 

関連動画

コメント&その他

 

関連文献

  • DS McKay, EK Gibson Jr, KL Thomas-Keprta, H Vali, Science 273 (5277), 924
  • RN Zare Mol. Photochem 4 (1), 1
  • JV Jokerst, T Lobovkina, RN Zare, SS Gambhir Nanomedicine 6 (4), 715-728
  • J Cooper, RN Zare The Journal of Chemical Physics 48 (2), 942-943

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman
  2. グァンビン・ドン Guangbin Dong
  3. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  4. エドウィン・サザン Edwin M. Southern
  5. 野依 良治 Ryoji Noyori
  6. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles
  7. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman…
  8. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トーマス・レクタ Thomas Lectka
  2. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より
  3. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士
  4. 分子標的薬、手探り続く
  5. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gilbert Alkyne Synthesis
  6. 第2回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  7. N-ヘテロ環状カルベン / N-Heterocyclic Carbene (NHC)
  8. ルテニウム触媒を用いたcis選択的開環メタセシス重合
  9. カイコが紡ぐクモの糸
  10. アザジラクチンの全合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP