[スポンサーリンク]


2009年 9月 10日

  1. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization

    概要コハク酸誘導体もしくは他の1,4-官能基化体から置換チオフェンを得る方法。 (さらに…)…

  2. [6π]光環化 [6π]Photocyclization

    概要1,3,5-トリエンに光照射することで環化反応が進行し、6員炭素環・複素環が…

  3. アニオン重合 Anionic Polymerization

    概要イオン性付加重合のうち、活性種がアニオンであるものをアニオン重合と呼ぶ。開始…

  4. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement

    概要ポリアルキル、ポリハロベンゼンを硫酸で処理するとスルホン化される。付加すると…

  5. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation

    概要トリクロロアセトイミデートをBF3OEt2やTBSOTf等のルイス酸で活性化し、オキソニウム…

  6. マクコーマック反応 McCormack Reaction

  7. コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Synthesis

  8. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementowski Quinoline/Quinazoline Synthesis

  9. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ketene Cycloaddition

  10. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis

  11. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

  12. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesis

  13. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 極薄のプラチナナノシート
  2. テキサス大教授Science論文捏造か?
  3. 飲む痔の薬のはなし1 ブロメラインとビタミンE
  4. 北原武 Takeshi Kitahara
  5. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine
  6. 計算化学:DFT計算って何?Part II
  7. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教授

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP