[スポンサーリンク]


2009年 9月 10日

  1. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization

    概要コハク酸誘導体もしくは他の1,4-官能基化体から置換チオフェンを得る方法。 (さらに…)…

  2. [6π]光環化 [6π]Photocyclization

    概要1,3,5-トリエンに光照射することで環化反応が進行し、6員炭素環・複素環が…

  3. アニオン重合 Anionic Polymerization

    概要イオン性付加重合のうち、活性種がアニオンであるものをアニオン重合と呼ぶ。開始…

  4. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement

    概要ポリアルキル、ポリハロベンゼンを硫酸で処理するとスルホン化される。付加すると…

  5. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation

    概要トリクロロアセトイミデートをBF3OEt2やTBSOTf等のルイス酸で活性化し、オキソニウム…

  6. マクコーマック反応 McCormack Reaction

  7. コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Synthesis

  8. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementowski Quinoline/Quinazoline Synthesis

  9. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ketene Cycloaddition

  10. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis

  11. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

  12. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesis

  13. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  2. 特許取得のための手続き
  3. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  4. リガンド指向性化学を用いたGABAA受容体の新規創薬探索法の開発
  5. 環状ペプチドの効率的な化学-酵素ハイブリッド合成法の開発
  6. iBooksで有機合成化学を学ぶ:The Portable Chemist’s Consultant
  7. MFCA -環境調和の指標、負のコストの見える化-

注目情報

最新記事

塩基が肝!シクロヘキセンのcis-1,3-カルボホウ素化反応

ニッケル触媒を用いたシクロヘキセンの位置および立体選択的なカルボホウ素化反応が開発された。用いる塩基…

中国へ行ってきました 西安・上海・北京編①

2015年(もう8年前ですね)、中国に講演旅行に行った際に記事を書きました(実は途中で断念し最後まで…

アゾ重合開始剤の特徴と選び方

ラジカル重合はビニルモノマーなどの重合に用いられる方法で、開始反応、成長反応、停止反応を素反応とする…

先端事例から深掘りする、マテリアルズ・インフォマティクスと計算科学の融合

開催日:2023/12/20 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

最新の電子顕微鏡法によりポリエチレン分子鎖の向きを可視化することに成功

第583回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院 工学研究科 応用化学専攻 陣内研究室の狩野見 …

PAGE TOP