[スポンサーリンク]


2009年 9月 10日

  1. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization

    概要コハク酸誘導体もしくは他の1,4-官能基化体から置換チオフェンを得る方法。 (さらに…)…

  2. [6π]光環化 [6π]Photocyclization

    概要1,3,5-トリエンに光照射することで環化反応が進行し、6員炭素環・複素環が…

  3. アニオン重合 Anionic Polymerization

    概要イオン性付加重合のうち、活性種がアニオンであるものをアニオン重合と呼ぶ。開始…

  4. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement

    概要ポリアルキル、ポリハロベンゼンを硫酸で処理するとスルホン化される。付加すると…

  5. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation

    概要トリクロロアセトイミデートをBF3OEt2やTBSOTf等のルイス酸で活性化し、オキソニウム…

  6. マクコーマック反応 McCormack Reaction

  7. コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Synthesis

  8. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementowski Quinoline/Quinazoline Synthesis

  9. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ketene Cycloaddition

  10. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis

  11. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

  12. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesis

  13. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【追悼企画】化学と生物で活躍できる化学者ーCarlos Barbas教授
  2. サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表
  3. 細胞の中を旅する小分子|第三回(最終回)
  4. コロナウイルス関連記事 まとめ
  5. 第22回ケムステVシンポ「次世代DDSナノキャリア」を開催します!
  6. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発
  7. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsai

注目情報

最新記事

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

PAGE TOP