[スポンサーリンク]

B

ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

分子内のVilsmeier-Haack型反応により、ジヒドロイソキノリンを合成する手法。

基本文献

 

反応機構

Vilsmeier-Haack反応、Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1972, 11, 919を参照。
bischler_napieralski_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 植村酸化 Uemura Oxidation
  2. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebesk…
  3. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Sy…
  4. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxi…
  5. ギース ラジカル付加 Giese Radical Additio…
  6. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  7. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation wit…
  8. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemica…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Nature Chemistryデビュー間近!
  2. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直される
  3. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison
  4. ご注文は海外大学院ですか?〜渡航編〜
  5. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)
  6. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質
  7. エステルをアルデヒドに変換する新手法
  8. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  9. 硫酸エステルの合成 Synthesis of Organosulfate
  10. 新世代鎮痛剤の販売継続を 米政府諮問委が勧告

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酸化グラフェンの光による酸素除去メカニズムを解明 ―答えに辿り着くまでの6年間―

第226回のスポットライトリサーチは、筑波大学の羽田真毅(はだ まさき)先生にお願いしました。…

ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。…

アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~

第225回のスポットライトリサーチは、関西学院大学 増尾研究室 助教の山内光陽(やまうち みつあき)…

ハラスメントから自分を守るために。他人を守るために【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 2-】

アカデミックハラスメントやセクシャルハラスメントは、学業やキャリアの成功に悪影響を与えます。 どんな…

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP