[スポンサーリンク]

B

ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

分子内のVilsmeier-Haack型反応により、ジヒドロイソキノリンを合成する手法。

基本文献

 

反応機構

Vilsmeier-Haack反応、Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1972, 11, 919を参照。
bischler_napieralski_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バートン・ザード ピロール合成 Barton-Zard Pyrr…
  2. マイヤー・シュスター転位/ループ転位 Meyer-Schuste…
  3. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synt…
  4. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Conde…
  5. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  6. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactoniza…
  7. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  8. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 今年はキログラムに注目だ!
  2. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  3. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表
  4. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann
  5. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction
  6. 工業製品コストはどのように決まる?
  7. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒
  8. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (1)
  9. スイス医薬大手のロシュ、「タミフル」の生産能力を増強へ
  10. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP