[スポンサーリンク]

B

ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

 

概要

分子内のVilsmeier-Haack型反応により、ジヒドロイソキノリンを合成する手法。

基本文献

 

反応機構

Vilsmeier-Haack反応、Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1972, 11, 919を参照。
bischler_napieralski_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupli…
  2. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald…
  3. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl…
  4. ペタシス試薬 Petasis Reagent
  5. ヘンリー反応 (ニトロアルドール反応) Henry Reacti…
  6. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  7. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative…
  8. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Ald…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2015年化学10大ニュース
  2. イライアス・コーリー E. J. Corey
  3. iPadで計算化学にチャレンジ:iSpartan
  4. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016
  5. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau
  6. タクミナ「スムーズフローポンプQ」の無料モニターキャンペーン
  7. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?
  8. 【書籍】研究者の仕事術~プロフェッショナル根性論~
  9. Nanomaterials: An Introduction to Synthesis, Properties and Applications, 2nd Edition
  10. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第190回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP