[スポンサーリンク]

B

ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

 

概要

分子内のVilsmeier-Haack型反応により、ジヒドロイソキノリンを合成する手法。

基本文献

 

反応機構

Vilsmeier-Haack反応、Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1972, 11, 919を参照。
bischler_napieralski_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. デレピン アミン合成 Delepine Amine Synthe…
  2. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Tra…
  3. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents
  4. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolacton…
  5. アセタール系保護基 Acetal Protective Grou…
  6. フェイスト・ベナリー フラン合成 Feist-Benary Fu…
  7. モッシャー法 Mosher Method
  8. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidaz…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Wolfram|Alphaでお手軽物性チェック!「Reagent Table Widget」
  2. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  3. 【書籍】「喜嶋先生の静かな世界」
  4. 二光子吸収 two photon absorption
  5. BASFクリエータースペース:議論とチャレンジ
  6. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester
  7. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果
  8. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  9. 三中心四電子結合とは?
  10. 複雑天然物Communesinの新規類縁体、遺伝子破壊実験により明らかに!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP