[スポンサーリンク]

B

ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

 

概要

分子内のVilsmeier-Haack型反応により、ジヒドロイソキノリンを合成する手法。

基本文献

 

反応機構

Vilsmeier-Haack反応、Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1972, 11, 919を参照。
bischler_napieralski_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  2. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemica…
  3. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Bor…
  4. キャロル転位 Carroll Rearrangement
  5. ウルツ反応 Wurtz Reaction
  6. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quino…
  7. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt …
  8. オルトメタル化 Directed Ortho Metalatio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機アジド(3):アジド導入反応剤
  2. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagihara Cross Coupling
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答編)
  4. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  5. 1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ 塩野義製薬
  6. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-Aube Rearrangement
  7. オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』開幕!
  8. 【速報】Mac OS X Lionにアップグレードしてみた
  9. Whitesides’ Group: Writing a paper
  10. 「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP