[スポンサーリンク]

B

ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

 

概要

分子内のVilsmeier-Haack型反応により、ジヒドロイソキノリンを合成する手法。

基本文献

 

反応機構

Vilsmeier-Haack反応、Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1972, 11, 919を参照。
bischler_napieralski_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  2. アセタール系保護基 Acetal Protective Grou…
  3. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxid…
  4. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  5. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demer…
  6. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  7. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Couplin…
  8. ビシュラー・メーラウ インドール合成 Bischler-Mohl…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機ELディスプレイ材料市場について調査結果を発表
  2. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  3. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz Pyridine Synthesis
  4. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: 極低温で感度MAX! ②
  5. インフルエンザ治療薬と記事まとめ
  6. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine
  7. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  8. 近赤外光を青色の光に変換するアップコンバージョン-ナノ粒子の開発
  9. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化
  10. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP