[スポンサーリンク]

B

ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

分子内のVilsmeier-Haack型反応により、ジヒドロイソキノリンを合成する手法。

基本文献

 

反応機構

Vilsmeier-Haack反応、Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1972, 11, 919を参照。
bischler_napieralski_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthe…
  2. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent
  3. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddit…
  4. ペイン転位 Payne Rearrangement
  5. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  6. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction…
  7. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for B…
  8. 脱離反応 Elimination Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Corey系譜β版
  2. 今年はキログラムに注目だ!
  3. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg
  4. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ
  5. 有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!
  6. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応
  7. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生
  8. 第32回生体分子科学討論会 
  9. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表
  10. 大学院生のつぶやき:UCEEネット、ご存知ですか?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

神経難病における iPS 細胞創薬に基づいた医師主導治験を完了 -筋萎縮性側索硬化症(A…

令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議への参加者を募集しています。本会議は、世界各地の若手研究者の育…

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP