[スポンサーリンク]

B

ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

 

概要

分子内のVilsmeier-Haack型反応により、ジヒドロイソキノリンを合成する手法。

基本文献

 

反応機構

Vilsmeier-Haack反応、Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1972, 11, 919を参照。
bischler_napieralski_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hyd…
  2. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reacti…
  3. 原子移動ラジカル重合 Atom Transfer Radical…
  4. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent…
  5. マンニッヒ反応 Mannich Reaction
  6. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base…
  7. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen R…
  8. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffl…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  2. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)
  3. ~祭りの後に~ アゴラ企画:有機合成化学カードゲーム【遊機王】
  4. ケミカルタイムズ 紹介記事シリーズ
  5. 太陽ホールディングスインターシップ
  6. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  7. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol Reaction
  8. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  9. 生命が居住できる星の条件
  10. 入門 レアアースの化学 

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP