[スポンサーリンク]

B

ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

 

概要

分子内のVilsmeier-Haack型反応により、ジヒドロイソキノリンを合成する手法。

基本文献

 

反応機構

Vilsmeier-Haack反応、Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1972, 11, 919を参照。
bischler_napieralski_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  2. ベンゾイン縮合反応 Benzoin Condensation
  3. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents
  4. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction
  5. ヒドロシリル化反応 Hydrosilylation
  6. エーテル系保護基 Ether Protective Group
  7. マクマリーカップリング McMurry Coupling
  8. ピナコールカップリング Pinacol Coupling

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentafluorophenyl) Carbonate
  2. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate
  3. 化学企業のグローバル・トップ50が発表
  4. 城戸 淳二 Junji Kido
  5. 「薬草、信じて使うこと」=自分に合ったものを選ぶ
  6. テッベ試薬 Tebbe Reagent
  7. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州
  8. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  9. 官能基化オレフィンのクロスカップリング
  10. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP