[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) Trifluoroacetate

Pd(II)触媒を用いる芳香族ケトン類の合成

Larhedらは,オルト置換芳香族カルボン酸とニトリル類によるケトン類の合成法を報告しています。それによれば,配位子としてビピリジン類,触媒としてトリフルオロ酢酸パラジウム(II)の存在下でカップリング反応が進行し,対応するケトン類が中~高収率で得られています。本手法は芳香族ケトン類の簡便な新規合成法として,さらなる応用が期待されています。

“Synthesis of Aryl Ketones by Palladium(II)-Catalyzed Decarboxylative Addition of Benzoic Acids to Nitriles”

J. Lindh, P. J. R. Sjoberg, M. Larhed, Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 7733. DOI: 10.1002/anie.201003009

mcontent-3

An efficient, sustainable method for the preparation of aryl ketones from ortho-substituted benzoic acids proceeds through their decarboxylation to generate an aryl–palladium species, followed by addition to a nitrile and hydrolysis of the intermediate ketimine.

関連記事

  1. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluorobora…
  2. インドール一覧
  3. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  4. Accufluor(NFPI-OTf)
  5. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレッ…
  6. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和…
  7. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…
  8. サレン-Mn錯体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!②
  2. イスラエルの化学ってどうよ?
  3. シロアリに強い基礎用断熱材が登場
  4. ジブロモインジゴ dibromoindigo
  5. 海外で働いている僕の体験談
  6. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction
  7. 地球外生命体を化学する
  8. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  9. 「オープンソース・ラボウェア」が変える科学の未来
  10. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP