[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) Trifluoroacetate

Pd(II)触媒を用いる芳香族ケトン類の合成

Larhedらは,オルト置換芳香族カルボン酸とニトリル類によるケトン類の合成法を報告しています。それによれば,配位子としてビピリジン類,触媒としてトリフルオロ酢酸パラジウム(II)の存在下でカップリング反応が進行し,対応するケトン類が中~高収率で得られています。本手法は芳香族ケトン類の簡便な新規合成法として,さらなる応用が期待されています。

“Synthesis of Aryl Ketones by Palladium(II)-Catalyzed Decarboxylative Addition of Benzoic Acids to Nitriles”

J. Lindh, P. J. R. Sjoberg, M. Larhed, Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 7733. DOI: 10.1002/anie.201003009

mcontent-3

An efficient, sustainable method for the preparation of aryl ketones from ortho-substituted benzoic acids proceeds through their decarboxylation to generate an aryl–palladium species, followed by addition to a nitrile and hydrolysis of the intermediate ketimine.

関連記事

  1. pre-ELM-11
  2. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  3. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  4. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  5. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業…
  6. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5…
  7. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  8. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ミズロウ・エヴァンス転位 Mislow-Evans Rearrangement
  2. リッター反応 Ritter Reaction
  3. ククルビットウリル Cucurbituril
  4. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane Rearrangement
  5. グルタミン酸 / Glutamic Acid
  6. 海洋天然物パラウアミンの全合成
  7. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘導体の合成
  8. 理想のフェノール合成を目指して~ベンゼンからフェノールへの直接変換
  9. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定
  10. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP