[スポンサーリンク]

J

ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

ポリアルキル、ポリハロベンゼンを硫酸で処理するとスルホン化される。付加するときに他の置換基の転位を伴う。

 

基本文献

  • Jacobsen, O. Ber. 1886, 19, 1209.
  • Jacobsen, O. Ber. 1887, 20, 901.
  • Smith, L. I. Org. React. 1942, 1, 370.
  • Suzuki, H. et al. Bull. Chem. Soc. Jpn. 196336, 1642. doi:10.1246/bcsj.36.1642

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ブンテ塩~無臭の含硫黄ビルディングブロック~
  2. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Tri…
  3. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Gro…
  4. FAMSO
  5. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloa…
  6. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  7. ビンゲル反応 Bingel Reaction
  8. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ
  2. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla
  3. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethylsilyl Trifluoromethanesulfonate
  4. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin
  5. ホウ素と窒素で何を運ぶ?
  6. プラスチックを簡単に分解する方法の開発
  7. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis
  8. 来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記
  9. 二酸化塩素と光でプラスチック表面を機能化
  10. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP