[スポンサーリンク]

J

ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement

 

概要

ポリアルキル、ポリハロベンゼンを硫酸で処理するとスルホン化される。付加するときに他の置換基の転位を伴う。

 

基本文献

  • Jacobsen, O. Ber. 1886, 19, 1209.
  • Jacobsen, O. Ber. 1887, 20, 901.
  • Smith, L. I. Org. React. 1942, 1, 370.
  • Suzuki, H. et al. Bull. Chem. Soc. Jpn. 196336, 1642. doi:10.1246/bcsj.36.1642

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. モッシャー法 Mosher Method
  2. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazol…
  3. ショッテン・バウマン反応 Schotten-Baumann Re…
  4. メーヤワイン試薬 Meerwein Reagent
  5. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Bor…
  6. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synt…
  7. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation wit…
  8. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrang…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成の落とし穴
  2. クライゼン転位 Claisen Rearrangement
  3. 実験化学のピアレビューブログ: Blog Syn
  4. TFEDMA
  5. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber
  6. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  7. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton
  8. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 1
  9. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  10. むずかしいことば?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP