[スポンサーリンク]

J

ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement

 

概要

ポリアルキル、ポリハロベンゼンを硫酸で処理するとスルホン化される。付加するときに他の置換基の転位を伴う。

 

基本文献

  • Jacobsen, O. Ber. 1886, 19, 1209.
  • Jacobsen, O. Ber. 1887, 20, 901.
  • Smith, L. I. Org. React. 1942, 1, 370.
  • Suzuki, H. et al. Bull. Chem. Soc. Jpn. 196336, 1642. doi:10.1246/bcsj.36.1642

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バージェス試薬 Burgess Reagent
  2. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocataly…
  3. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reactio…
  4. 不斉ストレッカー反応 Asymmetric Strecker R…
  5. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Gro…
  6. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-…
  7. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gil…
  8. 触媒的C-H活性化反応 Catalytic C-H activa…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 未来の病気診断はケータイで!?
  2. 集光型太陽光発電システムの市場動向・技術動向【終了】
  3. 試験管内選択法(SELEX法) / Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment
  4. elements~メンデレーエフの奇妙な棚~
  5. TBSの「未来の起源」が熱い!
  6. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!
  7. プリーストリーメダル・受賞者一覧
  8. 博士課程の夢:また私はなぜ心配するのを止めて進学を選んだか
  9. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  10. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP