[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ketene Cycloaddition

 

概要

系中で生成させたケテンとアルデヒドもしくはイミンを反応させることで、βラクトンorβラクタムを得る手法。

 

基本文献

  • Staudinger, H. Liebigs Ann. Chem. 1907356, 51.

 

反応機構

 

反応例

cinchona alkaloid誘導体を用いる触媒的不斉Staudinger付加環化[1] staudinger_ketene_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Taggi, A. E.; Hafez, A. M.; Wack, H.; Young, B.; Ferraris, D.; Lectka, T. J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 6626. DOI: 10.1021/ja0258226

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff React…
  2. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cyc…
  3. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  4. エーテル系保護基 Ether Protective Group
  5. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxida…
  6. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimrot…
  7. ビギネリ反応 Biginelli Reaction
  8. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  2. リッター反応 Ritter Reaction
  3. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)
  4. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?
  5. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応
  6. 有機アジド(2):爆発性
  7. 長井長義の日記など寄贈 明治の薬学者、徳島大へ
  8. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  9. 高分子界の準結晶
  10. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP