[スポンサーリンク]

M

マクコーマック反応 McCormack Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

ジエンと塩化リンから、ホスホラン骨格を持つ化合物を得る手法。

 

基本文献

  • McCormack, W. B. Org. Synth. Coll. Vol. 5, 787 (1973)
  • Symmes, C. Jr.; Quin. L. D. J. Org. Chem. 197641, 238. DOI: 10.1021/jo00864a012

 

反応機構

mccormack_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. コープ転位 Cope Rearrangement
  2. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie …
  3. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemica…
  4. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Trans…
  5. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  6. MSH試薬 MSH reagent
  7. ミニスキ反応 Minisci Reaction
  8. シュミット転位 Schmidt Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 1/2
  2. 野依賞―受賞者一覧
  3. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成
  4. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ
  5. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan
  6. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする
  7. 三共、第一製薬が統合へ 売上高9000億円規模
  8. 化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選
  9. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成
  10. トップデザイン変更

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP