[スポンサーリンク]

M

マクコーマック反応 McCormack Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

ジエンと塩化リンから、ホスホラン骨格を持つ化合物を得る手法。

 

基本文献

  • McCormack, W. B. Org. Synth. Coll. Vol. 5, 787 (1973)
  • Symmes, C. Jr.; Quin. L. D. J. Org. Chem. 197641, 238. DOI: 10.1021/jo00864a012

 

反応機構

mccormack_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hyd…
  2. パーキン反応 Perkin Reaction
  3. ハンスディーカー反応 Hunsdiecker Reaction
  4. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  5. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acet…
  6. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methy…
  7. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  8. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始
  2. 第2回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  3. ニュースタッフ参加
  4. 一流化学者たちの最初の一歩
  5. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-
  6. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待
  7. 次世代シーケンサー活用術〜トップランナーの最新研究事例に学ぶ〜
  8. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析
  9. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  10. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP