[スポンサーリンク]

M

マクコーマック反応 McCormack Reaction

 

概要

ジエンと塩化リンから、ホスホラン骨格を持つ化合物を得る手法。

 

基本文献

  • McCormack, W. B. Org. Synth. Coll. Vol. 5, 787 (1973)
  • Symmes, C. Jr.; Quin. L. D. J. Org. Chem. 197641, 238. DOI: 10.1021/jo00864a012

 

反応機構

mccormack_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Trans…
  2. モッシャー法 Mosher Method
  3. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde
  4. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction
  5. トロスト不斉アリル位アルキル化反応 Trost Asymmetr…
  6. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Co…
  7. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  8. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation
  2. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  3. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  4. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  5. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt Oxidation
  6. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編
  7. 「アバスチン」臨床試験中間解析を公表 中外製薬
  8. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ
  9. アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda
  10. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大気庁発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP