[スポンサーリンク]

M

マクコーマック反応 McCormack Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

ジエンと塩化リンから、ホスホラン骨格を持つ化合物を得る手法。

 

基本文献

  • McCormack, W. B. Org. Synth. Coll. Vol. 5, 787 (1973)
  • Symmes, C. Jr.; Quin. L. D. J. Org. Chem. 197641, 238. DOI: 10.1021/jo00864a012

 

反応機構

mccormack_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler…
  2. 隣接基関与 Neighboring Group Particip…
  3. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolacton…
  4. パーキン反応 Perkin Reaction
  5. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rul…
  6. パーコウ反応 Perkow Reaction
  7. エタール反応 Etard Reaction
  8. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大塚製薬4200億円で米バイオベンチャーを買収
  2. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  3. 八木 政行 Masayuki Yagi
  4. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴
  5. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  6. 化学遺産スロイス『舎密学』とグリフィス『化学筆記』が展示へ
  7. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer
  8. 仕事の進め方を見直してみませんか?-SEの実例から
  9. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  10. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、、企業理念「独創力」のもと「これまでになかったモノ」を「人とは違うアプ…

第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!

第14回ケムステVシンポが2月3日に開催されますが、その二日後にもアツいケムステVシンポが開催されま…

不斉反応ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP