[スポンサーリンク]

M

マクコーマック反応 McCormack Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

ジエンと塩化リンから、ホスホラン骨格を持つ化合物を得る手法。

 

基本文献

  • McCormack, W. B. Org. Synth. Coll. Vol. 5, 787 (1973)
  • Symmes, C. Jr.; Quin. L. D. J. Org. Chem. 197641, 238. DOI: 10.1021/jo00864a012

 

反応機構

mccormack_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyana…
  2. レギッツジアゾ転移 Regitz Diazo Transfer
  3. アセト酢酸エステル/マロン酸エステル合成 Acetoacetic…
  4. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent
  5. 二酸化セレン Selenium Dioxide
  6. ロビンソン環形成反応 Robinson Annulation
  7. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane R…
  8. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocataly…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. モルヒネ morphine
  2. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction
  3. 原子量に捧げる詩
  4. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  5. 人生、宇宙、命名の答え
  6. 有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ
  7. 排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施
  8. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  9. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangement
  10. 学士院賞:数論幾何学の加藤和也京大大学院教授ら10人に

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP