[スポンサーリンク]

N

ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementowski Quinoline/Quinazoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

アンスラニル酸とケトンを用いる置換キノリン合成。ケトンの代わりにアミドを用いると置換キナゾリンが合成できる。

基本文献

  • Niementowski, S. v. Ber. 1894, 27, 1394.
  • Niementowski, S. v. J. Prakt. Chem. 189551, 564.
  • Manske, R. H. Chem. Rev. 1942, 30, 113. DOI: 10.1021/cr60095a006
  • Hisano, T. Org. Prep. Proced. Int. 19735, 145
  • Cuny, E.; Lichtenthaler, F. W.; Moser, A. Tetrahedron Lett. 1980, 21, 3029. doi:10.1016/S0040-4039(00)77398-9

 

反応機構

niementowski_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  2. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe …
  3. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Tra…
  4. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selec…
  5. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthe…
  6. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)…
  7. ピナー反応 Pinner Reaction
  8. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 親子で楽しめる化学映像集 その1
  2. 化学と権力の不健全なカンケイ
  3. イライアス・コーリー E. J. Corey
  4. Nitrogen Enriched Gasoline・・・って何だ?
  5. 触媒のチカラで不可能を可能に?二連続不斉四級炭素構築法の開発
  6. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認
  7. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  8. 化学物質だけでiPS細胞を作る!マウスでなんと遺伝子導入なしに成功
  9. ノーベル賞・田中さん愛大で講義
  10. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 1/2

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Plieger教授

第99回の海外化学者インタビューは、ポール・プリーガー教授です。マッセイ大学基礎科学研究所に所属し、…

化学者のためのエレクトロニクス入門① ~電子回路の歴史編~

「化学者のためのエレクトロニクス入門」シリーズでは、今や私たちの日常生活と切っても切れないエレクトロ…

シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリール…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP