[スポンサーリンク]


2009年 10月

  1. 2009年10月人気化学書籍ランキング

    1位2位3位4位5位おすすめ コメント今年のノーベル化学賞の日本人受賞は残念ながらかないませんでした。生化学の独断場…

  2. Reaxys無料トライアル実施中!

    以前当サイトのコンテンツ化学者のつぶやきで紹介したReaxys(リアクシス)が無料トライアルを開始し…

  3. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramakrishnan

    ヴェンカトラマン・ラマクリシュナン(Venkatraman Ramakrishnan、1952年xx…

  4. トム・スタイツ Thomas A. Steitz

    トーマス・アーサー・スタイツ(Thomas Arthur Steitz、1940年8…

  5. 個性あるTOC その②

    Chemistry of Personalized Solar EnergyNo…

  6. 2009年ノーベル化学賞『リボソームの構造と機能の解明』

  7. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath

  8. 村橋 俊一 Shun-Ichi Murahashi

  9. はてブ週間ランキング第一位を獲得

  10. 2009年イグノーベル賞決定!

  11. 日米の研究観/技術観の違い

スポンサー

ピックアップ記事

  1. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法
  2. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–
  3. 再生医療関連技術ーChemical Times特集より
  4. 乙卯研究所 研究員募集 第二弾 2022年度
  5. 研究室クラウド設立のススメ(導入編)
  6. 金属材料・セラミックス材料領域におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用
  7. 塩にまつわるよもやま話

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP