[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

村橋 俊一 Shunichi Murahashi

[スポンサーリンク]

村橋俊一 (むらはし しゅんいち、1937年3月12日-)は、日本の有機化学者である。岡山理科大学客員教授、大阪大学名誉教授。

経歴

1961 大阪大学工学部応用化学科  卒業
1963 大阪大学大学院工学研究科  修士課程修了
1967 大阪大学工学博士  学位授与(守谷一郎 教授)
1968-1970 コロンビア大学  博士研究員(Ronald Breslow  教授)
1963 大阪大学  助手  基礎工学部
1972 大阪大学  助教授  基礎工学部
1979 大阪大学  教授  基礎工学部
1997 大阪大学大学院  教授  基礎工学研究科化学専攻
2001 大阪大学 定年退官
2001 大阪大学 名誉教授
2001 岡山理科大学  客員教授

兼任
1992 レンヌ大学  客員教授
1995-2000 九州大学 有機化学基礎研究センター 教授
1997 フランス P.M. Curie 大学  客員教授
1998-1999 大阪大学  評議員
2000-2005 日本学術会議  会員

 

受賞歴

1970 日本化学会進歩賞
1991 日本学術振興会  NSERC Lectureship
1995 日本化学会賞
1995 Rennes 大学名誉博士号
1996 MERCK-Schuchardt Lectureship
2002 フンボルト賞
2003 Minakata-Avogadro 講演賞
2005 有機合成化学特別賞

 

研究概要

有機リチウムを用いるクロスカップリング反応の開発

C-H結合活性化

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter
  2. 宮浦憲夫 Norio Miyaura
  3. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford
  4. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet
  5. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  6. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  7. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Ki…
  8. グラーメ・モード Graeme Moad

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スターバースト型分子、ヘキサアリールベンゼン合成の新手法
  2. アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (前編)-
  3. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole Synthesis
  4. アルゴン (argon; Ar)
  5. 乾燥剤の種類と合成化学での利用法
  6. アメリカ化学留学 ”立志編 ー留学の種類ー”!
  7. ロビンソン環形成反応 Robinson Annulation
  8. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」
  9. カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材
  10. シャピロ反応 Shapiro Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP