[スポンサーリンク]

一般的な話題

個性あるTOC その②

[スポンサーリンク]

 

Chemistry of Personalized Solar Energy
Nocera, D.G. Inorg. Chem. 2009, ASAP. DOI: 10.1021/ic901328v

Dan Nocera教授による寄稿文のTOCですが、とてもアーティスティックですね。太陽光エネルギー変換をモチーフにしているようです。

個人的に気に入ったので貼っておきます。誰が書いたのかなこの絵。とても知りたい。

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 5配位ケイ素間の結合
  2. ハッピー・ハロウィーン・リアクション
  3. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系
  4. ついに成功した人工光合成
  5. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (前編)…
  6. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応
  7. 最近の金事情
  8. 中学生の研究が米国の一流論文誌に掲載された

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2008年10大化学ニュース2
  2. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxidation with Peroxide
  3. 化学でもフェルミ推定
  4. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充
  5. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction
  6. 女性科学者の卵を支援―「ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」 募集中
  7. 有機硫黄ラジカル触媒で不斉反応に挑戦
  8. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction
  9. iPhoneやiPadで化学!「デジタル化学辞典」
  10. カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP