[スポンサーリンク]

一般的な話題

個性あるTOC その②

 

Chemistry of Personalized Solar Energy
Nocera, D.G. Inorg. Chem. 2009, ASAP. DOI: 10.1021/ic901328v

Dan Nocera教授による寄稿文のTOCですが、とてもアーティスティックですね。太陽光エネルギー変換をモチーフにしているようです。

個人的に気に入ったので貼っておきます。誰が書いたのかなこの絵。とても知りたい。

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シ…
  2. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カ…
  3. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthn…
  4. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる
  5. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化
  6. エステルをアルデヒドに変換する新手法
  7. 階段状分子の作り方
  8. 博士課程学生の奨学金情報

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidazole Synthesis
  2. スピノシン Spinosyn
  3. ゲオスミン(geosmin)
  4. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)
  5. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™
  6. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  7. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reagent
  8. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  9. 2016年化学10大ニュース
  10. 「オープンソース・ラボウェア」が変える科学の未来

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

PAGE TOP