[スポンサーリンク]

一般的な話題

個性あるTOC その②

[スポンサーリンク]

 

Chemistry of Personalized Solar Energy
Nocera, D.G. Inorg. Chem. 2009, ASAP. DOI: 10.1021/ic901328v

Dan Nocera教授による寄稿文のTOCですが、とてもアーティスティックですね。太陽光エネルギー変換をモチーフにしているようです。

個人的に気に入ったので貼っておきます。誰が書いたのかなこの絵。とても知りたい。

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 科学は探究心を与え続けてくれるもの:2016 ロレアル–ユネスコ…
  2. 大学院生のつぶやき:第5回HOPEミーティングに参加してきました…
  3. 「Natureダイジェスト」で化学の見識を広めよう!
  4. Macユーザに朗報?ChemDrawバージョンアップ
  5. 化学研究ライフハック:ソーシャルブックマークを活用しよう!
  6. ついったー化学部
  7. ChemDrawの使い方【作図編③:表】
  8. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クリストフ・レーダー Christoph Rader
  2. 有機化学者のラブコメ&ミステリー!?:「ラブ・ケミストリー」
  3. 信じられない!驚愕の天然物たち
  4. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応
  5. 岸 義人 Yoshito Kishi
  6. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  7. アダム・コーエン Adam E. Cohen
  8. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製
  9. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に
  10. ドライアイスに御用心

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP