[スポンサーリンク]

一般的な話題

個性あるTOC その②

[スポンサーリンク]

 

Chemistry of Personalized Solar Energy
Nocera, D.G. Inorg. Chem. 2009, ASAP. DOI: 10.1021/ic901328v

Dan Nocera教授による寄稿文のTOCですが、とてもアーティスティックですね。太陽光エネルギー変換をモチーフにしているようです。

個人的に気に入ったので貼っておきます。誰が書いたのかなこの絵。とても知りたい。

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 投票!2019年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  2. 合成生物学を疾病治療に応用する
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤
  4. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』
  5. アルケンとニトリルを相互交換する
  6. JSRとはどんな会社?-1
  7. 近況報告PartI
  8. “Wakati Project” 低コス…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カスガマイシン (kasugamycin)
  2. 金属を超えるダイヤモンド ーボロンドープダイヤモンドー
  3. 工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その2
  4. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction
  5. ホウ素ーホウ素三重結合を評価する
  6. 遠藤守信 Morinobu Endo
  7. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  8. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  9. ケムステタイムトラベル2010 ~今こそ昔の記事を見てみよう~
  10. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

セルロースナノファイバーの真価

お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

以前お知らせしたとおり理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションして、特集記事を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP