[スポンサーリンク]

ランキング

2009年10月人気化学書籍ランキング

[スポンサーリンク]

1位

2位

3位

4位

5位

 

おすすめ

  • コメント

今年のノーベル化学賞の日本人受賞は残念ながらかないませんでした。生化学の独断場になってしまった今年のノーベル賞。Lippincott’s Illustrated Reviews: Biochemistry, North American Edition (Lippincott’s Illustrated Reviews Series)でも読んで生化学を勉強してみてはいかがですか。さて、先月おすすめにあげていました、研究室ですぐに使える 有機合成の定番レシピが今回はトップとなりました。なかなかの良書で、ぜひ研究室に1冊は置きたい物です。読書の秋、あなたは何を読むのでしょうか?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 光化学フロンティア:未来材料を生む有機光化学の基礎
  2. Essential Reagents for Organic S…
  3. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  4. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  5. 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロ…
  6. 有機合成のための遷移金属触媒反応
  7. 大学院講義 有機化学
  8. 有機反応の仕組みと考え方

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑪:どっちもクリップの巻
  2. スイス医薬大手のロシュ、「タミフル」の生産能力を増強へ
  3. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法
  4. ゴム状硫黄は何色?
  5. オキソニウムカチオンを飼いならす
  6. 2010年日本化学会年会を楽しむ10の方法
  7. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  8. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現
  9. パラジウム錯体の酸化還元反応を利用した分子モーター
  10. 高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP