[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramakrishnan

ヴェンカトラマン・ラマクリシュナン(Venkatraman Ramakrishnan、1952年xx月xx日-)は、イギリスの結晶化学者・構造生物学者である。英MRC分子生物学研究所。 「リボソームの構造解析・機能解明」の業績により、2009年ノーベル化学賞を受賞(写真:nobelprize.org)。

経歴

1971 Boroda大学 卒業
1976 オハイオ大学 博士号取得
1976-78 カリフォルニア大学サンディエゴ校 院生
1978-82 イェール大学 博士研究員 (Peter Moore教授)
1983-95 ブルックハーベン国立研究所
1995-99 ユタ大学 教授
1999- MRC分子生物学研究所

 

受賞歴

2007 Louis-Jeantet Prize for Medicine
2008 Heatley Medal, British Biochemical Society
2009 ノーベル化学賞

 

研究概要

単結晶X線回折法を用いるリボソームの構造解析

2000年に30Sリボソームの構造解析[1]および、数種の抗生物質とリボソーム30Sサブユニット複合体の構造解析[2]を達成。

また2006年には70Sリボソーム全体の構造解析[3]を完了する。

ribosome.jpg

名言集

 

関連動画

コメント&その他

 

関連文献

[1] Wimberly, B. T.; Brodersen, D. E.; Clemons, W. M. Jr.; Carter, A. P.; Morgan-Warren, R. J.; Vonrhein, C.; Hartsch, T.; Ramakrishnan, V. Nature 2000, 407, 327.

[2] Carter, A. P.; Clemons, W. M. Jr.; Brodersen, D. E.; Morgan-Warren, R. J.; Wimberly, B.T.; Ramakrishnan, V. Nature 2000, 407, 340.

[3] Selmer, M.; Dunham, C. M.; Murphy, F. V., IV; Weixlbaumer, A.; Petry, S.; Kelley, A. C.; Weir, J. R.; Ramakrishnan, V. Science 2006, 313, 1935.

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  2. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  3. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  4. ジョン・ハートウィグ John F. Hartwig
  5. ウェルチ化学賞・受賞者一覧
  6. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  7. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  8. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  2. 化学にインスパイアされたジュエリー
  3. Whitesides教授が語る「成果を伝えるための研究論文執筆法」
  4. カール・ジェラッシ Carl Djerassi
  5. 含ケイ素四員環 -その1-
  6. フェイスト・ベナリー フラン合成 Feist-Benary Furan Synthesis
  7. 光薬理学 Photopharmacology
  8. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation
  9. グリーンケミストリー / Green Chemistry
  10. オゾンと光だけでアジピン酸をつくる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP