[スポンサーリンク]


2009年 11月

  1. 触媒的芳香族求核置換反応

     ”Catalytic SNAr reaction of non-activated fluoroarenes with amines via Ru η6-arene complexes"Otsuka, M.; Endo, K.; …

  2. シランカップリング剤入門【終了】

    講師        : 群馬大学大学院工学研究科 応用化学・生物化学専攻 教授 兼 ケイ素科学国…

  3. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】

    講師        :       日揮触媒化成(株) ファイン研究所所長付 技監 西田 広泰 氏…

  4. Chemistry on Thanksgiving Day

    11月第4木曜(今年は26日)は、感謝祭(Thanksgiving Day)というアメリカの祝日です…

  5. 超大画面ディスプレイ(シプラ)実現へ

     10月下旬と前の話ですが、「FPD (Flat Panel Display) Internatio…

  6. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】

  7. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part4】

  8. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker

  9. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

  10. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk

  11. プロドラッグって

  12. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)

  13. 水をヒドリド源としたカルボニル還元

  14. 米国版・歯痛の応急薬

  15. グラフィカルアブストラクト付・化学系ジャーナルRSSフィード

  16. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ボルテゾミブ (bortezomib)
  2. 情報守る“秘密の紙”開発
  3. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  4. 文献検索サイトをもっと便利に:X-MOLをレビュー
  5. クレーンケ ピリジン合成 Kröhnke Pyridine Synthesis
  6. 細胞を模倣したコンピューター制御可能なリアクター
  7. 乳がんを化学的に予防 名大大幸医療センター

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP