[スポンサーリンク]

archives

N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin

[スポンサーリンク]

 

求電子的ヨウ素化試薬

N-ヨードサッカリンは,Dolencによって開発された求電子的ヨウ素化試薬で,N-ヨードこはく酸イミド (NIS)のような既存のヨウ素化試薬よりも高い反応性と選択性を示します。例えば,フェノール類やアニリン類などの芳香族化合物のヨウ素化反応では,水酸基やアミノ基と反応することなく,高収率で芳香環にヨウ素を導入することができます。

“N-Iodosaccharin – a New Reagent for Iodination of Alkenes and Activated Aromatics”

D. Dolenc, Synlett 2000, 544. DOI:10.1055/s-2000-6561

A mild and efficient iodination reagent, N-iodosaccharin was prepared. Iodination of activated aromatics and alkenes with the reagent takes place fast and under very mild conditions, without the aid of strong acids of heavy metals. The reagent does not affect oxidizable groups, such as hydroxyl or aldehyde.

 

関連記事

  1. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  2. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  3. 向山酸化剤
  4. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…
  5. 不斉配位子
  6. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボ…
  7. リケラボとコラボして特集記事を配信します
  8. (R,R)-DIPAMP

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会
  2. ステープルペプチド Stapled Peptide
  3. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1~」
  4. 治療薬誕生なるか?ジカウイルスのアロステリック阻害剤開発
  5. ナノの世界に朗報?!-コラニュレンのkg合成-
  6. スティーヴン・バックワルド Stephen L. Buchwald
  7. 超若手科学者の発表会、サイエンス・インカレの優秀者インタビュー
  8. アルツハイマー薬で副作用死
  9. 実践・化学英語リスニング(3)生化学編: 世界トップの化学者と競うために
  10. アルキンメタセシス Alkyne Metathesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP