[スポンサーリンク]


2011年 8月

  1. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナトリウム水和物 : Sodium Tetrakis[3,5-bis(trifluoromethyl)phenyl]borate Hydrate

    銅触媒を用いたα-ジアゾスルホンの分子内不斉C-H挿入反応Maguireらはキラルなビス-オキサゾリン銅触媒を用いたα-ジアゾスルホンの分子内不斉C-H挿入反応を報告しています。本報告によれば,塩化銅(I),キラルビス-オキサゾリン配位…

  2. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?

     「ねるねるねるねはひぇーっひぇひぇひぇっ練れば練るほどいろが変…

  3. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison

    ティモシー・F・ジャミソン (Timothy F. Jamison、19xx年x月x…

  4. グレッグ・バーダイン Gregory L. Verdine

    グレゴリー・L・バーダイン (Gregory L. Verdine、1959年6…

  5. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser

    リック・L・ダンハイザー (Rick L. Danheiser、19xx年x月xx日…

  6. イヴァン・フック Ivan Huc

  7. 有機合成化学特別賞―受賞者一覧

  8. ピエトロ・ビギネリ Pietro Biginelli

  9. セレノフェン : Selenophene

  10. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?

  11. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育

  12. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethylsilyl Trifluoromethanesulfonate

  13. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi

  14. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―

  15. 理想のフェノール合成を目指して~ベンゼンからフェノールへの直接変換

  16. 水入りフラーレンの合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続
  2. 【速報】2010年ノーベル生理医学賞決定ーケンブリッジ大のエドワード氏
  3. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より
  4. 化学オリンピック:日本は金2銀2
  5. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamme Allene Synthesis
  6. サイエンスアゴラの魅力-食用昆虫科学研究会・「蟲ソムリエ」中の人に聞く
  7. さよならGoogleリーダー!そして次へ…

注目情報

最新記事

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

PAGE TOP