[スポンサーリンク]


2011年 8月

  1. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナトリウム水和物 : Sodium Tetrakis[3,5-bis(trifluoromethyl)phenyl]borate Hydrate

    銅触媒を用いたα-ジアゾスルホンの分子内不斉C-H挿入反応Maguireらはキラルなビス-オキサゾリン銅触媒を用いたα-ジアゾスルホンの分子内不斉C-H挿入反応を報告しています。本報告によれば,塩化銅(I),キラルビス-オキサゾリン配位…

  2. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?

     「ねるねるねるねはひぇーっひぇひぇひぇっ練れば練るほどいろが変…

  3. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison

    ティモシー・F・ジャミソン (Timothy F. Jamison、19xx年x月x…

  4. グレッグ・バーダイン Gregory L. Verdine

    グレゴリー・L・バーダイン (Gregory L. Verdine、1959年6…

  5. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser

    リック・L・ダンハイザー (Rick L. Danheiser、19xx年x月xx日…

  6. イヴァン・フック Ivan Huc

  7. 有機合成化学特別賞―受賞者一覧

  8. ピエトロ・ビギネリ Pietro Biginelli

  9. セレノフェン : Selenophene

  10. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?

  11. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育

  12. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethylsilyl Trifluoromethanesulfonate

  13. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi

  14. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―

  15. 理想のフェノール合成を目指して~ベンゼンからフェノールへの直接変換

  16. 水入りフラーレンの合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
  2. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大学・Erker研より
  3. センター試験を解いてみた
  4. 櫻井英樹 Hideki Sakurai
  5. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  6. マリウス・クロア G. Marius Clore
  7. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】

注目情報

最新記事

無機物のハロゲンと有機物を組み合わせて触媒を創り出すことに成功

第449回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(椴山グループ)5年…

熱化学電池の蘊奥を開く-熱を電気に変える電解液の予測設計に道-

第448回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 工学院 機械系 機械コース 村上陽一研究室の長 …

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

PAGE TOP