[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison

[スポンサーリンク]

 

ティモシー・F・ジャミソン (Timothy F. Jamison、19xx年x月xx日(San Jose, CA)-)は、アメリカの有機化学者である。米マサチューセッツ工科大学教授(画像:MIT News)。

 

経歴

1990 カリフォルニア大学バークリー校 卒業
1997 ハーバード大学 博士号取得 (Stuart L. Schreiber教授)
1997-1999 ハーバード大学 博士研究員 (Eric N. Jacobsen教授)
1999-2004 マサチューセッツ工科大学 助教授
2004-2009 マサチューセッツ工科大学 准教授
2009-現在 マサチューセッツ工科大学 教授

 

受賞歴

2015 – present Chemical Reviews, Associate Editor
2014 Council of Chemical Research Collaboration Award
2013 Teaching Prize for Undergraduate Education, MIT School of Science
2012 – present Fellow of the Royal Society of Chemistry
2012 Royal Society of Chemistry Merck Award
2011 Arthur C. Cope Scholar Award, American Chemical Society
2011 – present Journal of Flow Chemistry, International Advisory Board
2011 – present Advanced Synthesis and Catalysis, Academic Advisory Board
2008 – 2010 Petroleum Research Fund Advisory Board
2006 JSPS Invitation Fellowship
2004 Alfred Sloan Fellowship
2004 GlaxoSmithKline Scholar Award
2003 Amgen Young Investigator Award
2002 Paul M. Cook Career Development Chair
2002 Boehringer Ingelheim New Investigator Award
2001 National Science Foundation CAREER Award
2000 3M Innovation Award
1997 – 1999 Postdoctoral Fellow, Cancer Research Fund, Damon Runyon-Walter Winchell Foundation
1991 – 1994 National Science Foundation Predoctoral Fellow
1991 – 1993 Certificate of Distinction in Teaching, Harvard University (3 times)
1990 – 1991 Fulbright Fellow (Swiss Universities Grant)
1990 Graduated with High Honors (Chemistry), UC Berkeley
1990 Saegebarth Prize (Undergraduate Research Excellence in Chemistry)
1990 Phi Beta Kappa
1988 – 1989 President’s Undergraduate Fellow, UC Berkeley
1985 – 1989 Chancellor’s Scholar, UC Berkeley
1986 – 1989 Eastman Kodak Scholar

 

研究概要

複雑天然物合成に用いられる新規方法論の開拓

ニッケル触媒による還元的カップリングの開発、それを用いる斬新な全合成ルートの開拓、およびポリエーテル系化合物の生合成仮説に示唆を与える人工合成法の開発は優れた業績である。

Jamison_Ni_1.gif
Jamison_polyether_3.gif

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

  • Miller, K. M.; Huang, W.-S.; Jamison, T. F.  J. Am. Chem. Soc. 2003125, 3442.
  • Miller, K. M.; Luanphaisarnnont, T.; Molinaro, C.; Jamison, T. F.  J. Am. Chem. Soc. 2004126, 4130.
  • Liu, P.; McCarren, P.; Cheong, P. H.-Y.; Jamison, T. F.; Houk, K. N. J. Am. Chem. Soc. 2010132, 2050.
  • Vilotijevic, I.; Jamison, T. F. “Epoxide-Opening Cascades Promoted by Water” Science 2007317, 1189. DOI: 10.1126/science.1146421
  • Byers, J. A.; Jamison, T. F. Proc. Natl. Acad. Sci. 2013110, 16724. DOI: 10.1073/pnas.1311133110

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler
  2. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach
  3. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  4. 真島利行系譜
  5. マット・フランシス Matthew B. Francis
  6. 辻 二郎 Jiro Tsuji
  7. 水島 公一 Koichi Mizushima
  8. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 172番元素までの周期表が提案される
  2. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rearrangement
  3. Mukaiyama Award―受賞者一覧
  4. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Transformation with Tin Acetal
  5. ジョン・フェン John B. Fenn
  6. 低分子化合物の新しい合成法 コンビナトリアル生合成 生合成遺伝子の利用法 Total Synthesis vs Total Biosynthesis
  7. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に
  8. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  9. 天然物の全合成―2000~2008
  10. “Wakati Project” 低コストで農作物を保存する技術とは

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

リチウムリオンバッテリー(リチウムイオン二次電池)はPCやスマートフォンなどの電子機器に利用されてい…

研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制御装置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

AIの機械学習による創薬が化学業界で注目を集めています。2019年3月に米国サンフランシスコで開催さ…

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

ライトケミカル工業2021年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

研究室に入って本格的な研究を始めるのは、大学4年生からが一般的。でも最近は、中高生が研究に取り組める…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP