[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser

 

リック・L・ダンハイザー (Rick L. Danheiser、19xx年x月xx日-)は、アメリカの有機化学者である(画像:MIT Chemistry)。

米マサチューセッツ工科大学教授。

経歴

1972 コロンビアカレッジ 卒業 (Gilbert Stork教授)
1978 ハーバード大学 博士号取得 (E. J. Corey教授)
1978 マサチューセッツ工科大学 助教授
現在 マサチューセッツ工科大学 Arthur C Cope Professor of Chemistry

受賞歴

19xx Arthur C. Cope Scholar Award

 

研究概要

新規有機合成法の開発研究および複雑化合物合成への応用

アレンやシクロブテノンなどを用いるDanheiser環化といった人名反応に名を残している。

danheiser_1.gif

Danheiser環化

danheiser_cp_1.gif

Danheiserシクロペンテン合成

 

コメント&その他

1. Organic Syntheses誌のEditor-in-Chiefを兼任している。

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III…
  2. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  3. 藤嶋 昭 Akira Fujishima
  4. ベンジャミン・リスト Benjamin List
  5. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough
  6. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  7. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  8. 槌田龍太郎 Ryutaro Tsuchida

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  2. 化学メーカー研究開発者必見!!新規事業立ち上げの成功確度を上げる方法
  3. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  4. 化学研究ライフハック:情報収集の機会損失を減らす「Read It Later」
  5. Slow down, baby, now you’re movin’ way too fast.
  6. ピンナ酸の不斉全合成
  7. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hydride (LAH)
  8. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい
  9. アルカリ土類金属触媒の最前線
  10. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

変わったガラス器具達

皆様、普段どんなガラス器具を使っていますか?ナスフラスコ、三角フラスコはもちろん、カラム管やジムロー…

PAGE TOP