[スポンサーリンク]


2013年 3月

  1. フライデーハーバー研究所

    フライデー・ハーバー研究所(Friday Harbor Laboratory)は、ワシントン大学に属する海洋生物学研究所。FHLの略称で呼ばれる。(写真:Gravel Beach)主眼とする領域は海洋生物学であるが、2008年ノーベ…

  2. ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析!

    深夜、化学者なら誰でも妄想にふけることがあるでしょう。「すべての分子の構造が…

  3. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤

    (さらに…)…

  4. n型半導体特性を示すペリレン誘導体

    (さらに…)…

  5. 日化年会に参加しました:たまたま聞いたA講演より

     先週の土曜から昨日まで、立命館大学(BKCキャンパス)で日本化学会年会が行われました。みんなオ…

  6. 石見銀山遺跡

  7. 薬学会年会も付設展示会キャンペーンやっちゃいます

  8. Skype英会話の勧め

  9. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.com」

  10. メタンハイドレートの化学 ~その2~

  11. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開

  12. 化学連合シンポ&化学コミュニケーション賞授賞式に行ってきました

  13. 今週末は「科学の甲子園」観戦しよーぜ

  14. もう入れたよね?薬学会年会アプリ

  15. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く

  16. 錬金術博物館

スポンサー

ピックアップ記事

  1. グレーサー反応 Glaser Reaction
  2. キニーネ きにーね quinine
  3. 第52回―「多孔性液体と固体の化学」Stuart James教授
  4. 触媒討論会に行ってきました
  5. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!
  6. 英文読解の負担を減らすマウスオーバー辞書
  7. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP