[スポンサーリンク]

一般的な話題

もう入れたよね?薬学会年会アプリ

[スポンサーリンク]

薬133年会アプリ.jpg

 各種学会でスマホアプリが提供される話は聞こえてましたが、来週開催の薬学会年会でもついにアプリが提供されました!もちろん無料で、Android用が3/7から、iPhone/iPad用が3/12から配信されてます。

「やったー、これであの重い要旨集から解放される??」

 物理的に軽くなるばかりでなく、聞きたい講演を「My Schedule」に追加していくだけで聴講スケジューリングがパパッと立てられて、精神的にもすごく軽くなりました。講演会場への地図もリンクされてて、迷子にならずに済みそうです。
 心配なのは(マンモス学会ゆえ)当日の電波の重さでしょうか?…ただ、このアプリは優れもので、予めダウンロードしておけばオフラインでも要旨を見られるようです。至れリつくせり。化学会も早く作ってほしーなぁ


 「Google Play ストア」または「Apple Store」で"日本薬学会第133年会"と検索し、ダウンロードして下さい。要旨へのアクセス時にパスワード要求されるので、リンク先:薬学会HP参照のこと。

 

  • 関連サイト

日本薬学会第133年会(横浜)

関連記事

  1. 有機アジド(3):アジド導入反応剤
  2. お”カネ”持ちな会社たち-1
  3. (-)-Calycanthine, (+)-Chimonanth…
  4. C-H酸化反応の開発
  5. アイディア創出のインセンティブ~KAKENデータベースの利用法
  6. 新形式の芳香族化合物を目指して~反芳香族シクロファンにおける三次…
  7. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学…
  8. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Pa…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学英語論文/レポート執筆に役立つPCツール・決定版
  2. 酵母菌に小さなソーラーパネル
  3. エナンチオ選択的Heck反応で三級アルキルフルオリドを合成する
  4. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より
  5. 有機EL organic electroluminescence
  6. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??
  7. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法
  8. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏
  9. 「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功
  10. 個性あるTOCその③

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP