[スポンサーリンク]

一般的な話題

もう入れたよね?薬学会年会アプリ

薬133年会アプリ.jpg

 各種学会でスマホアプリが提供される話は聞こえてましたが、来週開催の薬学会年会でもついにアプリが提供されました!もちろん無料で、Android用が3/7から、iPhone/iPad用が3/12から配信されてます。

「やったー、これであの重い要旨集から解放される??」

 物理的に軽くなるばかりでなく、聞きたい講演を「My Schedule」に追加していくだけで聴講スケジューリングがパパッと立てられて、精神的にもすごく軽くなりました。講演会場への地図もリンクされてて、迷子にならずに済みそうです。
 心配なのは(マンモス学会ゆえ)当日の電波の重さでしょうか?…ただ、このアプリは優れもので、予めダウンロードしておけばオフラインでも要旨を見られるようです。至れリつくせり。化学会も早く作ってほしーなぁ


 「Google Play ストア」または「Apple Store」で"日本薬学会第133年会"と検索し、ダウンロードして下さい。要旨へのアクセス時にパスワード要求されるので、リンク先:薬学会HP参照のこと。

 

  • 関連サイト

日本薬学会第133年会(横浜)

関連記事

  1. 構造式を美しく書くために【準備編】
  2. まっすぐなペプチドがつまらないなら「さあ輪になって踊ろ!」
  3. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応
  4. 炭素ー炭素結合を切る触媒
  5. タミフルの新規合成法・その4
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③
  7. 祝100周年!ー同位体ー
  8. ビッグデータが一変させる化学研究の未来像

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke Reaction
  2. マラカイトグリーン /Malachite Green
  3. ミヤコシンA (miyakosyne A)
  4. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  5. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  6. 今年の光学活性化合物シンポジウム
  7. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?
  8. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授
  9. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  10. 福井県内において一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP