[スポンサーリンク]

チェコ

錬金術博物館

(http://newsletter.tarotstudies.org/2005/03/prague-ways-of-looking/より)

  • 概要

チェコのクトナー・ホラ村にある、世界で最初の錬金術博物館。

 

  • マップ


より大きな地図で 化学地球儀 -Chem-Station- を表示

チェックイン!

  • アルバム

  • 関連動画

  • 参考文献

  • 関連書籍

  • 関連リンク

博物館公式ページ

クトナー・ホラ村

錬金術博物館(4travel.jp)

チェコ旅行記⑤~錬金術博物館~(Conqwan’s official blog)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  2. カセロネス鉱山
  3. 合同資源上瀑工場
  4. たばこと塩の博物館
  5. 中谷宇吉郎 雪の科学館
  6. 萩反射炉
  7. メンデレーエフ空港
  8. 日本酸素記念館

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学特別賞―受賞者一覧
  2. 材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱却
  3. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-
  4. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  5. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)
  6. ノーベル化学賞:下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に
  7. ショッテン・バウマン反応 Schotten-Baumann Reaction
  8. スイス・ロシュの1―6月期、純利益4%増
  9. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授
  10. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP