[スポンサーリンク]

archives

n型半導体特性を示すペリレン誘導体

D4175.gif


N,N’-ジ-n-オクチル-3,4,9,10-ペリレンテトラカルボン酸ジイミド (1)はn型半導体としての特性を示すペリレン誘導体です。有機薄膜トランジスタ(OTFT)としての電子移動度は0.6 cm2 V-1 s-1,電流のon/off比は1.0 x 105を示します1-2)。液相プロセスにより合成された1のナノワイヤー3)やナノリボン4)は,スピンコート法により相補型論理回路や有機太陽電池デバイスの作成に利用されています。

1)P. R. L. Malenfant, C. D. Dimitrakopoulos, J. D. Gelorme, L. L. Kosbar, T. O. Graham, A. Curioni, W. Andreoni, Appl. Phys. Lett. 2002, 80, 2517.
2)B. A. Jones, A. Facchetti, M. R. Wasielewski, T. J. Marks, J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 15259.
3)A. L. Briseno, S. C. B. Mannsfeld, C. Reese, J. M. Hancock, Y. Xiong, S. A. Jenekhe, Z. Bao, Y. Xia, Nano Lett. 2007, 7, 2847.
4)S. Karak, S. K. Ray, A. Dhar, Appl. Phys. Lett. 2010, 97, 43306.

関連記事

  1. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【…
  2. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  3. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”…
  4. ニュースタッフ追加
  5. 日本化学会と対談してきました
  6. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  7. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…
  8. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chlorid…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis
  2. 良質な論文との出会いを増やす「新着論文リコメンデーションシステム」
  3. 114番元素生成の追試に成功
  4. 化学は切手と縁が深い
  5. 鈴木 章 Akira Suzuki
  6. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling
  7. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)オキシ]-2-プロパノール : 1,3-Bis[(2,2-dimethyl-1,3-dioxan-5-yl)oxy]-2-propanol
  8. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction
  9. プレプリントサーバー:ジャーナルごとの対応差にご注意を
  10. 孫悟飯のお仕事は?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP