[スポンサーリンク]

archives

n型半導体特性を示すペリレン誘導体

[スポンサーリンク]

D4175.gif


N,N’-ジ-n-オクチル-3,4,9,10-ペリレンテトラカルボン酸ジイミド (1)はn型半導体としての特性を示すペリレン誘導体です。有機薄膜トランジスタ(OTFT)としての電子移動度は0.6 cm2 V-1 s-1,電流のon/off比は1.0 x 105を示します1-2)。液相プロセスにより合成された1のナノワイヤー3)やナノリボン4)は,スピンコート法により相補型論理回路や有機太陽電池デバイスの作成に利用されています。

1)P. R. L. Malenfant, C. D. Dimitrakopoulos, J. D. Gelorme, L. L. Kosbar, T. O. Graham, A. Curioni, W. Andreoni, Appl. Phys. Lett. 2002, 80, 2517.
2)B. A. Jones, A. Facchetti, M. R. Wasielewski, T. J. Marks, J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 15259.
3)A. L. Briseno, S. C. B. Mannsfeld, C. Reese, J. M. Hancock, Y. Xiong, S. A. Jenekhe, Z. Bao, Y. Xia, Nano Lett. 2007, 7, 2847.
4)S. Karak, S. K. Ray, A. Dhar, Appl. Phys. Lett. 2010, 97, 43306.

関連記事

  1. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化…
  2. SPhos
  3. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  4. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムク…
  5. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  6. SelectfluorR
  7. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  8. ケムステの記事を導出しています

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 梅干し入れると食中毒を起こしにくい?
  2. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebeskind-Srogl Cross Coupling
  3. 高分子と低分子の間にある壁 1:分子量分布
  4. リチウムイオンに係る消火剤電解液のはなし
  5. ChemDrawの使い方【作図編⑤ : 反応機構 (後編)】
  6. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  7. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefination
  8. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現
  9. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性
  10. 人を器用にするDNAーナノ化学研究より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離

本記事では、原子軌道や分子軌道に電子が安定に存在するときの波動関数を調べるための方程式である、「時間…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP