[スポンサーリンク]


2013年 4月

  1. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する

    先日、冷凍食品を見ながら思いついたようにつぶやいた”凍結”反応ですが、よく調べてみると、他にも面白い論文が昨年報告されていました。反応性が高いから冷やすのではなく、熱い二人…

  2. クリック反応の反応機構が覆される

    クリックケミストリーの代名詞とも言える存在、ヒュスゲン環化反応に、新たな反応機構を提案する実験証拠が示されました。

  3. 反応がうまくいかないときは冷やしてみてはいかが?

    最近の冷凍食品はたいてい美味しいですよね。私が子供の頃は、冷凍食品と言えば「あんまり美味しく…

  4. TBSの「未来の起源」が熱い!

    これからの日本の科学技術を担う若手研究者。雇用問題についての議論などは多数あっても、実際に彼らが何を…

  5. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉有機触媒

    (さらに…)…

  6. 私がケムステスタッフになったワケ(4)

  7. 脳を透明化する手法をまとめてみた

  8. 天然の保護基!

  9. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 浩一 教授

  10. なんだこの黒さは!光触媒効率改善に向け「進撃のチタン」

  11. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応

  12. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得

  13. 私がケムステスタッフになったワケ(3)

  14. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される

  15. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素

  16. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  2. 模型でわかる【金属錯体型超分子】
  3. 深海の美しい怪物、魚竜
  4. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  5. 次なる新興感染症に備える
  6. 実験白衣を10種類試してみた
  7. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

注目情報

最新記事

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

PAGE TOP